別居中に「揉めず・スムーズ」に家売却をするための全知識

投稿日:

離婚は秒読みで現在は別居中という方の中には、家を売却したいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

住宅ローンの組み方にもよりますが、離婚をするのであれば、どこかのタイミングで家は売却することをおススメします。

現在別居中の人の中には、

  • 別居中の家売却について知りたい
  • 家を売却しないと離婚後にどうなるのか知りたい
  • 別居で家売却する際の注意点を知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「別居による家売却」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは別居中に家を売却するポイントと注意点を知ることができます。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

>業界をリードする大手6社だから間違いない!<
>年間利用10万件越え!最大級の一括査定サイト<

1.住宅ローンの組み方で異なる所有形態

現在、別居中の方は、住宅ローンをどのような形で組んでいたのかを再度確認することが必要です。

ご主人の収入だけを基準として単独で住宅ローンを組んでいる方は、特に問題ありません。

注意しなければならない人は、夫婦の収入を合算して世帯収入を基準として住宅ローンと組んでいる夫婦

世帯収入で住宅ローンを組んでいる方は、大きく2つのパターンがあります。

  1. 片方が連帯保証人になっているケース
  2. 夫婦の連帯債務で組んでいるパターン

1つ目は、夫または妻の片方が主たる債務者となり、もう片方の妻または夫が連帯保証人となっているケースです。

この場合、所有形態としては、主たる債務者の単独所有となっていますが、連帯保証の関係は離婚をしても解消されないため注意が必要です。

連帯保証を解消するには、離婚ではなく、債務を完済しないと連帯保証を解消することができません。

家を売却して住宅ローンを完済しないと、離婚後も連帯保証の関係だけが残ることになります。

そのためどちらかが連帯保証人となっている場合には、離婚を機会に家は売却することをオススメします。


2つ目は、住宅ローンを夫婦の連帯債務で組んでいるパターンです。

この場合、所有形態としては、夫と妻の共有状態となっています。

連帯債務は夫も妻もそれぞれが債務者となりますが、それぞれ住宅ローン控除が使えるといったメリットもあることから、比較的連帯債務を選択している人は多いです。

共有に関しても、離婚をしても家の共有状態が自動で解消されるわけではありません。

家を売却しない限り、家の共有状態は残ったままとなります。

そのため連帯債務によって物件が共有状態となっている場合には、離婚を機会に家は売却することをオススメします。

家の売却では、所有状態がどのようになっているかによって、売却のしやすさが異なります。

まずは、どちらかかが帯保証人となっていないか、共有状態となっていないか等を確認するようにして下さい。

尚、別居と住宅ローンについては下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

662view
無駄に思える別居中の住宅ローンの注意点と解消方法について徹底解説

付き合っているときであれば、相手が嫌いになれば簡単に分かれることができます。 ところが、嫌いになっても簡単に分かれることができないのが「離婚」です。 なかなか離婚ができずに、住宅ローンを払いながら別居 ...

384view
離婚するときに住宅ローンで問題となる2つのケースと対処法

後ろ向きのことを決断するとき、人間は大きなパワーを消耗します。その一つが「離婚」です。 離婚で気を付けなければならないことの1つに住宅ローンの対応があります。 現在、離婚を検討している人中には、 とこ ...

以上、ここまで住宅ローンの組み方で異なる所有形態について見てきました。

最近は夫婦共有で家を持っているケースも多いです。

そこで次に共有物売却の基本について解説します。

2.共有物を売却する時の注意点

共有の不動産を売却する場合、共有者全員の合意が必要になります。

別居中であっても、家が共有となっている場合には、共有者全員の合意無くして勝手に売却することはできませんので注意が必要です。

一方で、片方が連帯保証人で片方の単独所有となっている場合、売却においては連帯保証人の同意は必要ありません。

単独所有物件は、所有者の単独の判断で売却することができます。

共有の方は、別居中であっても必ず夫または妻の合意を得るようにしてください。

共有物の売却は必ず窓口を誰にするのか決めておく

次に、共有物を売却する場合、どちらか一方が対外的な窓口となるということが基本です。

対外的な窓口とは、具体的には不動産会社への対応や、買主への対応、司法書士への対応等があります。

窓口が決まっておらず、それぞれが別のことを言い出すと、話がまとまらなくなります。

どちらかが共有者全員の意見を代表して、他者との対応をすることが必要です。

また売却においては、売主としての判断を要する場面があります。

判断とは、例えば

  • いくらで売るか
  • 値引きにどこまで対応するか
  • この買主に売って良いか

等々の判断です。

通常、別居をしていない夫婦が共有物件を売却する場合、値段や値引、買主等の判断については、夫婦で話し合って意見を1つにまとめます。

別居中で、これらの意見を話し合う機会も持ちたくない場合、事前に代表者へある程度の裁量権を与えておくことが必要となります。

例えば、「いくら以上なら売る」ということだけを2人で決めておき、後は代表者の判断で話を進めても構わないというルールにしておくことが良いでしょう。

共有物件の売却で揉めるのは「売却価格」

共有物件の売却で揉めるケースとしては、売却価格です。

後から「なんでこんなに安く売ったのだ!」とならないよう最低価格だけは決めておくべきです。

共有物件を売却する場合は、事前に複数の不動産会社から査定を取り、一番低い価格を参考に最低価格を決めておくことをオススメします。

この際、最低価格を決めるのに、査定額の一番高い金額を基準とするのは避けるべきです。

最近の不動産査定額は、高過ぎる傾向があり、高い査定額を鵜呑みに売却活動を始めてもなかなか売却できないケースが増えています。

そのため、高い査定額を売却最低価格と決めてしまうと、いつまで経っても売却できないという事態が発生しかねません。

一括査定サイトを利用して査定を取る場合は、一番低い査定額の5%引き程度の価格を最低売却価格として決めておいた方が良いでしょう。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定については下記記事をご確認ください。

殿堂
不動産一括査定は大丈夫?利用者のリアル評判とデメリットまとめ

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

尚、共有物件でも、夫婦がともに売買契約に立会い押印すれば、原則として委任状は必要ありません。

そもそも共有物の売却は共有者全員の合意の上で行われるものであり、窓口代表者はあくまでも2人の対外的なメッセンジャー(使者)という位置づけです。

委任状を必要とする代理人とは異なります。

但し、別居して片方が海外に在住している等の事情で、どうしても売買契約に立ち会えないような事情がある場合には、妻が夫の代理人となるような場合があります。

妻が夫の代理人となる場合には、委任状が必要となります。

2人とも国内に住んでいる場合には、都合をつけて2人とも売買契約に立ち会うようにして下さい。

そうしたら委任状は不要です。

以上、ここまで共有物売却の基本について見てきました。

では別居中に不動産を売却するにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで次に別居中に不動産を売却するメリットについて紹介します。

3.別居中に不動産を売却する2つのメリット

連帯保証や連帯債務となっている場合には、離婚をする際、家は売却することがオススメです。

さらに、既に離婚をすることが決まっているのであれば、別居中に売却してしまった方が良いです。

別居中に家を売却することには、以下の2つのメリットがあります。

別居をしているのであれば、既に売却する家の住宅ローンと別居先の住居費が発生しており、経済的には負担が重い状態になっていると思われます。

住居費の負担が重くなるようであれば、早めに家は売却し、住宅ローンから解放された方が良いです。

  1. 住宅ローンの支払いがなくなる
  2. 離婚時の財産分与がしやすい

売却によって住宅ローンが完済できれば、連帯保証や連帯債務の状態も解消されます。

離婚後に積み残すような問題も残りません。

また、離婚をすると財産分与の問題が生じますが、不動産を売却して現金にしておくと、離婚後財産を分けやすいというメリットがあります。

共有物件ならもちろんメットがありますが、単独所有でも売却して現金にしておくことで分割しやすくなります。

1,751view
離婚の財産分与で不動産売却を検討中の人が知っておくべき全知識

「もうこの人とは一緒に住めない、嫌だ」となったときに多くの人が取る手段として離婚があります。 ただし、家などを大きな資産を持っている場合に、よく揉めてとても面倒なことになります。 これから離婚を検討し ...

以上、ここまで別居中に不動産を売却するメリットについて見てきました。

財産分与について触れましたが、実は不動産を現物で財産分与する場合は離婚後の方がお得です。

そこで次に家を財産分与するなら離婚後がお勧めについて見てきました。

4.家を現金に変えずに現物で財産分与するなら離婚後がお得

別居中に売却するメリットで財産分与がしやすいという説明をしましたが、家そのものを相手方に財産分与する場合は、離婚後の方がお得です。

これは第三者への売却ではなく、夫から妻への売却を想定するようなケースです。

例えば、夫から妻へ別居中に家を無償で渡してしまうと、妻に贈与税が発生してしまいます。

それに対し、離婚後に財産分与という形で家を渡す場合には、贈与税はかかりません。

そのため、離婚中に家を売却するかどうかについては、離婚後の財産分与をどのようにするかを事前に決めておく必要があります。

お互い今の家はいらないということであれば、別居中に第三者に売却した方が良いでしょう。

尚、婚姻期間が20年を過ぎている夫婦に関しては、別居中に贈与しても2,110万円までの贈与は贈与税が非課税となります。

そのため、20年を過ぎている夫婦は、別居中に家を夫から妻へ贈与しても税金は発生しない可能性が十分にあります。

以上、ここまで家を財産分与するなら離婚後がお勧めについて見てきました。

別居中の場合、近所にバレずに早く売りたい場合があります。

そこで次にバレずに早く売るなら買取もあるについて解説します。

5.バレずに早く売るなら買取もある

別居や離婚では、近所にバレずにさっと売却したいという場合もあります。

一般の売却では、近所にチラシを巻くことはほぼ必須であるため、近所に離婚の事実を知られたくない人は、少し不都合かもしれません。

そのような人は「買取」を活用することがオススメします。

買取は業者の仕入れ価格であるため、通常の売却の80%程度の価格になります。

但し、買取業者が見に来て、価格の折り合いが付けば、業者が直接買い取ってくれます。

即金・即売が可能なところが、買取のメリットです。

買取については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご参照ください。

殿堂
不動産売却の「買取」とは?知っておくべき2つのデメリットと対処法の全て

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動産は車やブランドバッグのように、会社そのものが買うことが少ないです。 いわゆる「 ...

6.まとめ

以上、別居中に家売却をするときのメリットと売却方法について徹底解説してきました。

現金で財産分与される予定の方は、離婚中の売却をぜひ検討しましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

16,288view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

17,127view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

900view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

3,082view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-不動産売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.