野村の仲介+ (PLUS)ってぶっちゃけどうなの?評判や強み・オススメの人を紹介

更新日:

総合不動産会社である野村不動産グループは、不動産仲介も得意としています。

野村不動産グループはマンションブランドのプラウドでも有名ですが、その他にもオフィスビルのPMOシリーズや投資家向けのノムコムサービスも人気です。

野村不動産グループは国内不動産会社の中では、屈指の実力を有する不動産会社です。

プロの間では評判の高い不動産会社ですが、個人向けにも仲介サービス「野村の仲介+ (PLUS)」を展開しています。

では、野村の仲介+ (PLUS)はどのようなサービスを展開しているのでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 野村の仲介+ (PLUS)にはどんな特徴や強みがあるの?
  • 野村の仲介+ (PLUS)ってよく聞くけど、実際の評判は?
  • 野村の仲介+ (PLUS)はどんな人にオススメなの?

そこでこの記事では、「野村の仲介+ (PLUS)」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、「野村の仲介+ (PLUS)」のみならず、「野村の仲介+ (PLUS)」の強みや評判、オススメの人について知ることができます。

合同会社ラビッツ 代表社員 石川貴裕

不動産売却の教科書の責任者・編集

合同会社ラビッツ 代表社員

石川貴裕

名古屋のIT企業に従事しながら、親族の不動産仲介会社にて不動産売買の実務を経験。不動産売買で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイト不動産売却の教科書を立ち上げ。

経歴不動産仲介10年、電気機器メーカー5年、電子部品メーカー2年、WEBサービス会社5年

1.野村の仲介+ (PLUS)とは

野村の仲介+ (PLUS)とは、野村不動産アーバンネット株式会社が展開する個人向け仲介サービスの名称。

野村不動産アーバンネット株式会社とは、野村不動産ホールディングス株式会社の100%子会社にあたり、仲介会社ということになります。

野村不動産グループは、マンションでは「プラウド」というブランド名で分譲を展開しています。

プラウドは、三井不動産のパークシリーズと並び評される2大ブランドなので、マンション購入を検討した人であれば、知っている人は多いと思います。

野村不動産グループは、マンションづくりが非常に上手いため、野村不動産グループが手掛けているマンションは「お手本」のような良いマンションが多いです。

プラウドには、「プラウドファン」も存在し、プラウドからプラウドへ移り住むような人たちもいます。

野村不動産グループは、仲介手数料の売上は2018年3月時点で年間316億円となっており、仲介手数料の売上ランキングでは業界4位

1位はダントツで三井不動産グループ、2位は住友不動産販売、3位が東急リバブルで、4位につけているのが野村不動産グループということになります。

しかしながら、店舗数は83店舗しかありません。

三井不動産グループは281店舗、住友不動産販売は266店舗、東急リバブルは174店舗もありますが、83店舗しかない野村不動産グループが業界4位にランクインしているということことから、その実力の高さが良く分かります。

以上、ここまで野村の仲介+ (PLUS)について見てきました。

では、野村の仲介+ (PLUS)の強みは何でしょうか。

そこで次に、野村の仲介+ (PLUS)の強みについて解説いたします。

2.野村の仲介+ (PLUS)の強み

野村不動産グループは総合不動産会社だけあって、仲介も様々なサポートサービスを行っています。

野村の仲介+ (PLUS)ではプロ向けの難しい不動産売買も多くこなしていますので、基本的にはどのような案件を依頼しても問題ありません。

戸建てやマンションの売却を依頼しても、他社と遜色のない売却活動をしてくれますので、何を依頼しても大丈夫です。

ただ、あえて特徴的な部分を浮き彫りにすると、「土地」の売却に関しては他社とは異なる特徴的な取り組みを行っています。

野村の仲介+ (PLUS)では「売却サポート」というサービスを行っています。

その中で他社にない特徴的なサービスは、「土地ステージング」と「土地診断」の2つです。

野村の仲介の土地ステージング

野村の仲介+ (PLUS)の土地ステージング

野村の仲介の土地診断

野村の仲介+ (PLUS)の土地診断

※画像出典:「野村の仲介+(PLUS)の売却サポート」より

ステージングとは「演出する」という意味があります。

近年は、中古住宅をモデルルームのように演出して売るホームステージングというサービスが存在します。

ホームステージングについては下記記事で詳しく解説しています。

ホームステージングとは?実施時の費用相場と3つのメリットと3つのデメリット

最近、「ホームステージング」という言葉を目にする機会が増えました。 不動産売却の際に有利になると言われていますが、まだま ...

続きを見る

ステージングは主に建物の中だけに対して行うものですが、土地に対して行っているのが野村の「土地ステージング」という面白いサービスです。

土地ステージングとは

土地ステージングでは、以下のサービスをやってくれます。

  1. 草刈り作業
  2. 防草シート施工
  3. 立入禁止ロープ設置
  4. 売物件看板設置

「防草シート施工」をしてくれることで、土地があたかも「新品の土地!?」のような好印象を与えて売却することが可能です。

とっても、とっても、素晴らしいサービスですので、更地売却を予定している人であれば、ぜひ利用することをオススメします。

筆者は土地ステージングの写真を見て、思わず「土地をこうやって売る時代が来たか~」と感心しました。

このような加工をして売ることは、非常に良いと思います。

土地ステージングのようなナイスアイディアと業界に先駆けてやるのが、さすが野村不動産アーバンネットです。

野村不動産アーバンネットと言えば、新築マンションのモデルルームに最初にアロマを焚きはじめた会社でもあります。

今ではアロマは当たり前ですが、土地ステージングのような斬新なアイディアも、野村不動産アーバンネットの真骨頂を発揮したものといえます。

野村不動産アーバンネットは、不動産業界に色々なアイディアを提供し続けている良い会社ですので、共感を持った人は、ぜひ売却を依頼してみてください。


以上、ここまで野村の仲介+ (PLUS)の強みについて見てきました。

では、野村の仲介+ (PLUS)の顧客満足度はどのくらいなのでしょうか。

そこで次に、オリコン顧客満足度ランキングについて解説いたします。

3.野村の仲介+ (PLUS)はオリコン顧客満足度ランキングで高評価

野村の仲介+ (PLUS)はオリコン顧客満足度ランキングで高評価となっています。

具体的には、売却の仲介ランキングは「マンション」と「戸建て」の2種類がありますが、

  • マンション:2位
  • 戸建て:1位

※2019年11月現在

となっています。

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」のマンション

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」のマンション

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」の一戸建て

オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却 顧客満足度ランキング」の一戸建て

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却のランキング・比較」(※2019年11月時点)より

ランキングにおけるアンケートの調査項目は、以下の8項目です。

  1. 問い合わせ対応
  2. 担当者の提案力
  3. 担当者の接客力
  4. 媒介手続き
  5. 売却サポート
  6. 売却価格
  7. 契約手続き
  8. 利用のしやすさ

上記の評価項目の中でも、野村の仲介+ (PLUS)は「担当者の接客力」が高く評価されています。

野村の仲介+ (PLUS)は、様々な強みがありますが、アンケートから見ると、接客力の高さが一番の強みであるということが分かります。

野村の仲介+ (PLUS)は、「土地ステージング」のサービスでも分かるように、「おぉ、そこまでやるか!」と思うようなサービスを提供しています。

手厚いサービスがなされていますので、利用者が満足しているのも納得です。

アンケートの結果からしても、十分に良い会社であることが分かりますので、気になる人は、ぜひ野村の仲介+ (PLUS)を利用してみましょう。

以上、ここまでオリコン顧客満足度ランキングについて見てきました。

では、野村の仲介+ (PLUS)の評判はどうなのでしょうか。

そこで次に、野村の仲介+ (PLUS)の評判について解説いたします。

4.野村の仲介+ (PLUS)の評判

オリコン顧客満足度ランキング調査では、顧客の声も開示していますので、ここで紹介させていただきます。

  • ほぼ予定通りの価格で販売出来たこと。買主さんの与信に疑念あったものの、うまく交渉頂き、結果的にスムーズに事が済んだ。(50代/男性)
  • いろいろな説明がわかりやすかった。初めてだったので、わからないことがたくさんあったが、よくしてもらったと思う。(40代/女性)
  • 大規模マンションのため、担当者が内部施設、間取までわかっていたので、スムーズでした。(40代/女性)
  • 他社の不動産では1年も売れなかったのが、野村不動産に頼んで1ヶ月で売ってくれた。(40代/女性)

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「野村の仲介+ (PLUS) 不動産仲介 売却 マンションの比較・評判」(※2019年11月時点)より

オリコン顧客満足度ランキング調査からの抜粋なので、上位である野村の仲介+ (PLUS)は総じて良い声が多いです。

業界人的に言っても、野村不動産グループはレベルが高いため、このような評判の高さもあながち嘘ではないと思われます。

オリコン顧客満足度ランキングでは、細かい評価項目が分かれていますが、野村の仲介+ (PLUS)は、担当者の接客力ランキングでも3位と上位。

担当者の接客力では、以下のような声があります。

  • 買い替えをお願いしたが担当した営業者が非常に知識が豊富な方でこちらの予想をはるかに超える金額で売却できた。(50代/男性)
  • 担当営業の受け答えがしっかりしていたこと。同業他社のコメント(良い点、悪い点ともに)をしてくれたこと。(40代以上/男性)
  • 一般だったので、他に2社ほど同じ条件で依頼したが、営業の方の人当たりが一番良かった。(50代以上/女性)

※画像出典:オリコン顧客満足度ランキング「野村の仲介+ (PLUS) 不動産仲介 売却 戸建ての比較・評判」(※2019年11月時点)より

アンケートからは、担当者が親切でキビキビと動いてくれることがうかがえます。

不動産売却は、情報戦なので担当者がテキパキ動くことが何よりも重要です。

野村の仲介+ (PLUS)は、担当者の動きが良いので、満足のいく売却ができる可能性が高いです。

以上、ここまで野村の仲介+ (PLUS)の評判について見てきました。

では、野村の仲介+ (PLUS)はどのような人におススメなのでしょうか。

そこで次に、野村の仲介+ (PLUS)がおススメの人について解説いたします。

5.野村の仲介+ (PLUS)がオススメの人

野村の仲介+ (PLUS)は、基本的に営業店の範囲のエリアの人であれば、どの人にもオススメです。

しかしながら、あえて絞れば、特に以下のような人はオススメです。

  • 更地を売却する人
  • プラウドシリーズを売却する人

更地を売る人は、絶対に野村の仲介+ (PLUS)を使った方が良いです。

土地ステージングによって、土地をピカピカに磨き上げて売却してください。

また、野村不動産グループが分譲したマンションや戸建てを売る人も、野村の仲介+ (PLUS)がオススメです。

プラウドファンは、野村不動産アーバンネットが運営しているノムコムで直接情報を探しています。

プラウドシリーズの場合は、他社に頼むよりは、野村の仲介+ (PLUS)に依頼した方が高く売却できる可能性が高いので、野村の仲介+ (PLUS)を利用する方が良いでしょう。

ここでは、あえてオススメの人を絞りましたが、普通に戸建てやマンションを売却する人も、野村の仲介+ (PLUS)は十分にオススメでできる会社です。

野村の仲介+ (PLUS)(野村不動産アーバンネット)が参加している一括査定は「すまいValue」のみ

当サイトでオススメしているサービスに不動産一括査定があります。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

野村不動産アーバンネットは素晴らしい会社であることは間違いないのですが、他の不動産会社にも相談したうえで決定したほうがいいでしょう。

なお、野村不動産アーバンネットは「 すまいValue 」のみ参加しています。

一括査定×不動産会社のマッチング表

一括査定×不動産会社のマッチング表

中堅・地域密着の会社とも比較するとさらに成功確率が上がる

筆者はさらに成功確度を上げるために、中堅や地域密着の不動産会社にも依頼しておくことをオススメしています。

不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、野村の仲介+のような大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却の成功確度を上げるためにも野村の仲介のような大手と併せて中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

オススメな使い方はこうなります。

不動産一括査定の賢い使い方

マンション一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

まとめ

以上、ここまで、「野村の仲介+ (PLUS)」の評判や「野村の仲介+ (PLUS)」の強み、おススメの人について見てきました。

「野村の仲介+ (PLUS)」は、オリコン顧客満足度ランキングで高評価。

満足できる会社であることに間違いはないので、不動産を売却する予定のある人は、ぜひ野村の仲介+ (PLUS)を検討してみましょう。

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント

おすすめ記事一覧

56,388view
大手に頼むだけではダメ!マンション売却を失敗せずに早く高く売るコツと注意点

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

48,027view
不動産一括査定

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

8,645view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,263view
知らなきゃ損する!土地売却の2つの方法と流れ・高く売るポイント

更地は不動産の中でも最も売却しやすい物件です。 ただし、更地は不動産会社等のプロが購入者となる場合も多く、売主に対して厳 ...

-不動産会社, 不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.