三菱地所ハウスネットってぶっちゃけどうなの?評判・口コミと強み

更新日:

三菱地所ハウスネット

三菱地所といえば、東京・丸の内の大地主。

三菱地所は、丸ビルや新丸ビルなどの国内の代表的なオフィスビルを所有しており、日本で一番条件の良いところに土地を持っている不動産会社になります。

そんな三菱地所ですが、グループ会社で個人向け仲介も展開しています。

三菱地所グループで個人向け仲介を展開している企業が三菱地所ハウスネットになります。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 三菱地所ハウスネットって、そもそもどんな会社なの?
  • 三菱地所ハウスネットの強みや評判はどんなもの?
  • 三菱地所ハウスネットがおススメの人はどんな人?

そこでこの記事では、「三菱地所ハウスネットの評判」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、三菱地所が展開する不動産会社である「三菱地所ハウスネット」の特徴や評判について知ることができます。

合同会社ラビッツ 代表社員 石川貴裕

不動産売却の教科書の責任者・編集

合同会社ラビッツ 代表社員

石川貴裕

名古屋のIT企業に従事しながら、親族の不動産仲介会社にて不動産売買の実務を経験。不動産売買で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイト不動産売却の教科書を立ち上げ。

経歴不動産仲介10年、電気機器メーカー5年、電子部品メーカー2年、WEBサービス会社5年

1.三菱地所ハウスネットとは

三菱地所ハウスネットとは、三菱地所系のグループ会社で、売買仲介や賃貸仲介、賃貸管理を行っている不動産会社。

従業員は349名(2018年4月1日付)、店舗数は19店舗となっており、比較的小さな会社となります。

公益社団法人不動産流通推進センター(2019年3月発表)によると、2018年3月時点での仲介各社の売上ランキングは以下の通りです。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)仲介件数 (件)店舗数
1三井不動産リアリティグループ1,568,07480,03540,658281
2東急リバブル1,315,59454,89724,410174
3住友不動産販売1,257,50766,31037,058266
4野村不動産グループ800,73931,6378,56183
5センチュリー21・ジャパン674,49931,60826,514935
6三井住友トラスト不動産495,12420,2317,87872
7三菱UFJ不動産販売481,66419,4035,75945
8みずほ不動産販売396,12915,6234,23744
9三菱地所リアルエステートサービス234,3669,6141,1629
10大京グループ173,2547,9799,80574
11大成有楽不動産販売グループ162,8767,0254,25939
12大和ハウスグループ153,5676,1213,61148
13住友林業ホームサービス145,6956,7114,29847
14東宝ハウスグループ136,3586,3093,95114
15スターツグループ120,7395,3922,412102
16東京建物不動産販売116,0563,42090814
17イエステーション112,3296,0988,180139
18近鉄不動産101,7885,3274,07644
19日本土地建物販売91,1843,5354308
20長谷工リアルエステート86,1663,5781,95234
21三菱地所ハウスネット70,4254,2597,02539

不動産仲介の取扱高は70,425百万円、仲介手数料収入は2,729百万円となっており、仲介手数料収入で見ると業界21位のポジション。

三菱地所グループの中には、別に三菱地所リアルエステートサービスという大きな仲介会社があります。

三菱地所リアルエステートサービスは、仲介手数料収入が業界9位くらいの会社。

三菱地所リアルエステートサービスがあるのに、三菱地所ハウスネットがあるのは、不思議な感じがします。

良く調べてみると、三菱地所ハウスネットは吸収合併した藤和不動産の流れを汲んでいる会社のようです。藤和不動産とは、ゼネコンのフジタの不動産会社でした。

ゼネコンのフジタは今では大和ハウス工業の完全子会社になっていますが、分離した藤和不動産は三菱地所の完全子会社となりました。

藤和不動産はマンション分譲に強い会社でしたので、当時、三菱地所はマンション分譲事業を強化したいという思惑から、藤和不動産を吸収したものと考えられています。

恐らく、藤和不動産にはマンション開発部門以外にも不動産仲介部門があったものと推測されますが、その藤和不動産の仲介部門が、紆余曲折を経て、現在の三菱地所ハウスネットという会社となったのでしょう。

三菱地所ハウスネットと三菱地所リアルエステートサービスは、基本的に同じことをしていますが、分社化されています。

恐らく、藤和不動産が保守本流の三菱地所系列とは違うことから、大人の事情によって分社化されたのかもしれません。これはあくまでも外部からの推測です。

「三菱地所」という冠名がついている割には小さな企業のため、不思議に感じる人も多いと思います。

その存在理由は、藤和不動産を抜きにしては語れない感じです。

三菱地所リアルエステートサービスについては下記記事で詳しく解説しています。

三菱地所リアルエステートサービス
三菱地所リアルエステートサービスってどうなの?サービスの特徴や評判

東京丸の内の大地主でもある「三菱地所」のグループ会社の中に「三菱地所リアルエステートサービス」という仲介会社があります。 ...

続きを見る

以上、ここまで三菱地所ハウスネットについて見てきました。

では、三菱地所ハウスネットにはどのような強みがあるのでしょうか。

そこで次に、三菱地所ハウスネットの強みについて解説いたします。

2.三菱地所ハウスネットの強み

三菱地所ハウスネットは、つまりは元「藤和不動産」ということ。

藤和不動産はマンション分譲が得意な会社でしたので、仲介部門もマンションの仲介を得意としています。

三菱地所ハウスネットは、全国で19店舗しかありませんが、なぜか広島に営業所を持っています。

ゼネコンのフジタが広島の会社だったので、広島にあった営業所がそのまま残っているものと思われます。

三菱地所ハウスネットでは、「住まいリレー」とう標語を押しています。

住まいリレーとは、「三菱地所グループが分譲したマンション同士で移り住みましょう」というような提案です。

三菱地所グループが分譲したマンションの中には、藤和不動産が分譲した以下のシリーズのマンションも紹介されています。

下記のマンションは、藤和不動産時代に分譲されたマンションです。

藤和不動産の分譲マンション

  • BELISTA・BELISTAタワー(ベリスタ)
  • アインス・アインスタワー
  • リーデンススクエア・リーデンスタワー・リーデンスフォート
  • グランノア
  • ホームズ
  • シティホームズ
  • シティスクエア
  • ライブタウン
  • ハイタウン
  • シティコープ
  • コープ
  • マノワール

ちなみに保守本流の三菱地所が分譲したマンションは以下のようなマンションです。

「パークハウス」というのが三菱地所のマンションブランドです。

三菱地所・三菱地所レジデンスの分譲マンション

  • ザ・パークハウス
  • ザ・パークハウス グラン
  • ザ・パークハウス アーバンス
  • パークハウス
  • パークハウス_アーバンス
  • スタイルハウス
  • アールクレエ
  • ザ・パークワンズ

三井不動産の「パークシリーズ」と名前が似ていて、ややこしいですが、「パークホームズ」「パークシティ」「パークタワー」等々は三井のマンションブランドとなります。

三菱地所のブランドは「パークハウス」です。

「住まいリレー」はマンションからマンションへの住み替え提案なので、三菱地所ハウスネットとしては、マンションの仲介が得意分野なのと思われます。

ただし、現在、大手不動産会社は仲介に様々な無料の付随サービスを付けていますが、三菱地所ハウスネットは特に無料の付随サービスは提供していません。

特徴的なサービスがない分、強みは正直、分かりにくい会社ではあります。「三菱地所」とう冠名が使えるため、藤和不動産時代よりはかなり営業しやすくなっているのではないかと思われます。

以上、ここまで三菱地所ハウスネットの強みについて見てきました。

では、三菱地所ハウスネットの評判はどうなのでしょうか。

そこで次に、三菱地所ハウスネットの評判について解説いたします。

3.三菱地所ハウスネットの評判

この章では、三菱地所ハウスネットは評判が良い会社なのかどうか見ていきます。

以下に、オリコン顧客満足度ランキングにおける「不動産仲介 売却」のランキング結果を紹介します。

順位マンション戸建て
不動産会社得点不動産会社得点
1位住友林業ホームサービス78.05点野村の仲介+76.50点
2位野村の仲介+77.66点近鉄の仲介(近鉄不動産)75.04点
2位三井住友トラスト不動産77.66点住友林業ホームサービス74.56点
4位大成有楽不動産販売77.03点三井のリハウス74.23点
5位大京穴吹不動産76.90点三井住友トラスト不動近74.12点
6位近鉄の仲介(近鉄不動産)76.61点東急リバブル73.99点
7位三井のリハウス76.52点住友不動産販売73.19点
8位東急リバブル76.37点福屋不動産販売72.70点
9位長谷工の仲介75.58点センチュリー2172.65点

※出典:オリコン顧客満足度ランキング「不動産仲介 売却のランキング・比較」(※2019年10月時点)より

このランキングは、不動産会社の中で仲介の顧客満足度が高い会社をオリコンがランキング表示したものになります。

残念ながら、三菱地所ハウスネットは上位ランキングの中には食い込めていません。

得意であろうと思われるマンション部門においても名前は出てこない状況です。

オリコン顧客満足度ランキングでは、「不動産仲介 売却 マンション」部門において三菱地所ハウスネットの利用者の声も紹介しています。

  • 担当していただいた方が話しやすく信頼できる感じがした。(40代/女性)
  • 価格交渉などで非常に納得ができるものであった。(60代以上/男性)
  • 期待した以上の価格で短期間に売却できたこと。(50代/男性)
  • 先方からのむちゃな要望はこちらにわざわざ伝えず担当者レベルで却下してくれても良かった。(50代/女性)
  • 必要資料に抜けがあり、二度手間となったことがあった点。(50代/男性)

※出典:オリコン顧客満足度ランキング「三菱地所ハウスネット 不動産仲介 売却 マンションの比較・評判」(※2019年10月時点)より

短いコメントばかりですので、何とも言えませんが、依頼者は一定の満足度は得ているようです。

「三菱地所の物だったのでやはり強かった。」というコメントがありますが、三菱地所が分譲した物件を、三菱地所ハウスネットで売却依頼した人のようです。

三菱地所の分譲物件なら物件の内容にも詳しく、売却依頼しやすいものと思われます。

以上、ここまで三菱地所ハウスネットの評判について見てきました。

では、三菱地所ハウスネットではどのようなサービスが展開されているのでしょうか。

そこで次に、三菱地所グループ分譲マンションセレクションについて解説いたします。

4.三菱地所グループ分譲マンションセレクションとは

「住まいリレー」を提案している三菱地所ハウスネットでは、三菱地所グループ分譲マンションセレクションという情報サイトを運営しています。

三菱地所の住まいリレー「マンションセレクション」

三菱地所の住まいリレー「マンションセレクション」

三菱地所グループ分譲マンションセレクションを使うと、エリアを指定して三菱地所と藤和不動産が分譲してきたマンションを探すことが可能です。

三菱地所のマンションファンの人であれば、三菱地所が手掛けたマンションを探すことができるので、便利なサイトです。

利点としては、希望のマンションが見つかったら、売出中の物件がなくても三菱地所ハウスネットに対して購入リクエストを送ることができます。

逆に言えば、三菱地所グループ分譲マンションセレクションのようなサイトがあるため、もし自分の物件が三菱地所や藤和不動産の物件であれば、三菱地所ハウスネットに売却依頼すると、買主がスムーズに見つかる可能性があります。

以上、ここまで三菱地所グループ分譲マンションセレクションについて見てきました。

では、三菱地所ハウスネットはどのような人におススメなのでしょうか。

そこで次に、三菱地所ハウスネットがおススメの人について解説いたします。

5.三菱地所ハウスネットがオススメの人

三菱地所ハウスネットがオススメの人は、ズバリ、三菱地所または藤和不動産が分譲したマンションを売ろうとしている人です。

担当者が物件のことを良く分かっているので、売却もスムーズです。

また、三菱地所ハウスネットは「住まいリレー」を推進しているため、三菱地所が手掛けた物件を購入したいという顧客リストを掴んでいる可能性があります。

三菱地所グループ分譲マンションセレクションにも売出物件として掲載されるため、三菱地所の物件を探している人に対しても、情報が伝わりやすいと思われます。

三菱地所または藤和不動産が分譲したマンションを売る予定のある人は、三菱地所ハウスネットを利用するのが良いでしょう。

満足した不動産売却は不動産一括査定を利用するのが鉄則

不動産売却の成功の秘訣「信頼できる不動産会社を探せるか」

不動産売却の成功の秘訣「信頼できる不動産会社を探せるか」

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差が出ることも。

ただ、あなただけの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。不動産一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の流れ

えぇぇ!!!こんな便利なサービスがあるんですね!
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果。※少し細かいので流し読みする程度でOK

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そして上位3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社の話も聞く

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

すまいValue 」「 HOME4U 」「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」「 イエウール 」のさらに詳細を見ていきます。


◆どの地域でも外せない「すまいValue」

超大手不動産会社3社に唯一依頼ができるのが「 すまいValue 」です。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

すまいValueは超大手の不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実

ただし、超大手の不動産会社は取引額が大きい不動産に力を入れる傾向が強いです。また、両手仲介が多いのも事実です。

次に紹介する両手仲介なしの「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」、大手・中堅・地域密着をバランスよく依頼が可能な「 HOME4U 」を合わせて申し込んでおくことをオススメします。

すまいValue公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆両手仲介無し「SRE不動産(旧ソニー不動産)」※一都三県、大阪、兵庫の方限定

SRE不動産

SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイト
https://sony-fudosan.com/

SRE不動産は、ソニー不動産より名称変更してできた会社。中身はソニー不動産の時と何ら変わりません。

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、SRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産はソニーグループが運営。成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1を獲得しており安心・実績抜群。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫の方は、申し込んでおくことをオススメします。

SRE不動産(※旧ソニー不動産)の公式サイトはコチラ

◆NTTグループの安心運営!運営歴も長く実績抜群「HOME4U」

大手・中堅・地域密着にバランスよく依頼したい。そんな人は「 HOME4U 」がオススメ。

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループが運営、2001年からサービス開始で運営実績No.1と安心感抜群の一括査定。

NTT系は審査が厳しいことで有名。不動産会社をしっかりチェックして厳選しています。

とりあえず迷ったらHOME4Uにしておけば間違いないでしょう。

入力が面倒な方は、お電話にて代行入力が可能です。

連絡先:0120-444-529(受付時間:平日10時30分~18時)

※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

HOME4U公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆【地方や田舎に強い】中堅・地域密着に数多く依頼ができる「イエウール」

上記で紹介した一括査定を使っても、不動産会社が1社しか見つからない・・・そんな時は「 イエウール 」を使ってみてください。

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

イエウール 」は参加している不動産会社が1,900社と一括査定No.1となっています。

つまりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

特に地域密着の不動産会社は、小さい会社というのもあり、社長自身が担当になることが多く、手厚いサポートが受けられることができます。

イエウール公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。


少し長くなりましたので、再度まとめます。

【まとめ】不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

※もし迷われるようでしたら、お問い合わせフォームよりお気軽に連絡ください。適切なサービスを紹介させていただきます。

サイト名参加不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない可能性あり
SRE不動産(※旧ソニー不動産) SRE不動産(旧ソニー不動産)のみ東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化、両手仲介なし
・成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1
一都三県・大阪・兵庫のみしか対応できない
HOME4U 1,300社全国700万人
※2018/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

入力項目が少し多い
イエウール 1,900社全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,900社は一括査定No.1
運営歴が浅い
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
参加不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
おうちダイレクト 不明
中堅、地域密着の不動産会社
関東:東京・神奈川・千葉・埼玉
関西:大阪府
非公開2018年~Yahooの巨大広告を駆使して購入検討者を多く探せられる関東:1都3県、関西:2府2県のみしか対応できない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない

6.まとめ

以上、ここまで、三菱地所が展開する不動産会社である「三菱地所ハウスネット」の特徴や評判について見てきました。

三菱地所ハウスネットは、元、藤和不動産のカラーが強い会社です。

三菱地所または藤和不動産のマンションをお持ちの方は、三菱地所ハウスネットで売却依頼をしても良いかもしれません。

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント

合わせて読まれている記事

おすすめ記事一覧

54,588view
マンション売却の流れと早く高く売るコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

46,127view
不動産一括査定

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

7,145view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,800view
知らなきゃ損する!土地売却の2つの方法と流れ・高く売るポイント

この記事では、はじめて土地を売る方でも失敗しないように、土地売却の流れ・あらかじめ知っておきたい注意点について分かりやす ...

-不動産会社

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.