MENU
机上査定OK!60秒で不動産最高額をチェック

HOME4U

不動産一括査定ののオススメランキング

不動産一括査定

不動産仲介会社のオススメランキング

不動産仲介ランキング

マンション売却のオススメ方法

マンション売却のおすすめ

一戸建て売却のオススメ方法

一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

土地売却のオススメ方法

土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

投資・収益物件のオススメ売却方法

投資用不動産を高く売却するために知っておきたい全知識を解説

土地活用のオススメ方法

土地活用の全てを一挙公開

大和ハウスグループ「リブネス」っていいの?評判・口コミと特徴

記事内に商品プロモーションを含みます。
大和ハウスグループ「リブネス」っていいの?評判・口コミと特徴

今回の記事は大和ハウスのリブネス(中古住宅の購入、住宅の売却、リノベーション・リフォーム)にフォーカスしています。大和ハウスの新築戸建てなどについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年最新】大和ハウスの坪単価と実際に建てた人の口コミ・評判 大和ハウスは、戸建て住宅を中心としつつ、賃貸アパートやマンション、商業施設の開発など多角的に事業を展開する住宅総合メーカーです。 プレハブ住宅の元祖として知ら...

大和ハウス(ダイワハウス)といえば、注文住宅やマンションを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

でも実は、大和ハウスグループは総合不動産事業者。建築や活用、街づくりから研究まで、住まいに関わるあらゆるサービスを開発・提供しています。

その中でも注目なのが、中古住宅の流通活性化を目的にした大和ハウスグループの新事業「リブネス」です。

リブネスは、大和ハウスグループの7社が連携しておこなう既存住宅のトータルサポート事業。

売買や賃貸、リノベーションなど大和ハウスグループの総合力を活かして、中古住宅を「現役住宅」にすることを目的としています。

今回はこの「リブネス」を徹底解剖していきます!

本記事のポイントまとめ

  • リブネスは、ダイワグループ8社が立ち上げた新事業
  • リブネスを運営する大和ハウスグループの仲介取扱高は業界13位
  • リブネスでは、不動産仲介会社のように中古住宅の売買を取り扱っている
  • リブネスがオススメな人は、次の3つのケースに当てはまる人
    1. リフォームしてから売却したい
    2. 買取を検討している
    3. 大和ハウスグループ施工の戸建て、マンションを売却したい
      ※詳細は「大和ハウス「リブネス」で売却するのに向いている3つのケース」に解説しています。
目次

「リブネス」の魅力は大和ハウスグループ7社が連携した不動産仲介サービス

リブネスの主軸となるのは、不動産仲介サービス。

売却も購入も、リブネスで請け負ってくれます。

もちろん「賃貸だけ」「リフォームだけ」も請け負っていますが、グループの総合力を活かした「仲介」にこそリブネスの魅力があります。

大和グループの住宅ストック事業を統一したものが「リブネス」

リブネス

リブネスは社名ではなく、ダイワグループ8社(大和ハウス工業、大和ハウスリアルエステート、大和ハウスリフォーム、大和ハウス賃貸リフォーム、大和ライフネクスト、大和リビング、コスモスイニシア、デザインアーク)が2018年1月に立ち上げた新事業。

既存住宅の売買仲介や買取再販、リノベーション・リフォームなどの住宅ストック事業を、グループ統一の新ブランド「Livness(リブネス)」として提供しています。

店舗として「リブネス」があるわけではなく、不動産仲介では主に大和ハウス工業と日本住宅流通が窓口となり、グループ7社が連携して中古住宅の流通を活性化させることを目的としています。

リブネスでは中古住宅の売買も

リブネスでは、不動産仲介会社のように中古住宅の売買を取り扱っています。

仲介を取り扱っている店舗は決して多くありませんが、北海道から九州の全国主要都市の売買に対応。

リブネスは2018年に掲げられた新事業ですから、これから対応エリアや支店数の拡大に期待できるといえるでしょう。

大和ハウスグループの総合力で既存住宅をトータルサポート

リブネスでは大和ハウスグループの総合力を活かし、仲介のみならず大和ハウスグループ自らの買取やリノベーション、賃貸まで幅広く対応しています。

仲介実績はまだ多くないものの、大和ハウスグループとしの2018年の住宅供給数は、戸建てで60万戸以上、マンションで20万戸近い実績があります。

またリフォームも年間5万戸前後施工しており、「仲介+α」のサポートに期待できます。

仲介取扱高で業界13位

公益社団法人不動産流通推進センターによると、2023年の不動産売買の仲介ランキング(2024年4月発表)は以下の通りです。

ランキングは取扱高を基準に順位を表示しています。

順位/企業名 取扱高
(億円)
前年比
(%)
手数料収入
(億円)
前年比
(%)
手数料率
(%)
仲介件数
(件)
前年比 (%) 1件あたり
手数料
(百万円)
1件あたり
平均物件価格
(万円)
店舗数
1位/三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 1兆9,184億円 1.4 910 17.4 4.75% 39,106 -5 2.33 4,906 291
2位/東急リバブル 1兆8,213億円 15 826 160 4.54% 29,577 3 2.79 6,158 206
3位/住友不動産販売 1兆3,961億円 -3.9 725 1.8 5.20% 34,906 -8.5 2.08 4,000 249
4位/野村不動産グループ(野村の仲介+) 1兆603億円 9.9 453 13.6 4.27% 9,985 -1 4.53 10,619 94
5位/センチュリー21 6,828 10.7 323 10.5 4.73% 27,009 0.4 1.2 2,528 1,008
6位/三井住友トラスト不動産 5,661 2.9 250 9 4.41% 8,128 14.2 3.07 6,965 68
7位/三菱UFJ不動産販売 4,997 11 212 11.3 4.23% 4,341 -6.7 4.87 11,510 35
8位/みずほ不動産販売 4,516 5.3 188 6 4.17% 3,815 4.1 4.94 11,838 49
9位/オープンハウス 3,633 3.2 158 4.8 4.34% 8,497 5.6 1.86 4,276 68
10位/三菱地所リアルエステートサービス 3,560 29.9 104 15.9 2.92% 1,197 7 8.68 29,737 9
11位/積水ハウスグループ 2,626 -8.8 123 -2.7 4.70% 7,075 -11.3 1.74 3,712 108
12位/東宝ハウスグループ 2,517 10.8 118 9 4.71% 6,268 0.8 1.89 4,016 20
13位/大和ハウス(リブネス) 1,977 6.6 96 13.5 4.86% 4,884 3.6 1.97 4,048 121
14位/住友林業ホームサービス(すみなび) 1,917 5.7 85 7.1 4.43% 4,495 -5 1.89 4,265 44
15位/東京建物不動産販売 1,762 1.5 46 -2.9 2.63% 1,082 -5 4.28 16,285 14
16位/大成有楽不動産販売(イエタン) 1,738 2.5 73 2.7 4.19% 3,579 -12.6 2.03 4,855 36
17位/中央日本土地建物グループ 1,609 22.7 49 29.2 3.06% 329 2.5 14.97 48,900 7
18位/大京穴吹不動産 1,549 -7.6 70 -9.2 4.5% 4,528 -14.8 1.54 3,421 74
19位/福屋ホールディングス 1,470 4.8 73 4.5 4.99% 7,875 -0.9 0.93 1,867 95
20位/伊藤忠ハウジング 1,299 41 28 7 2.13% 2,421 27 1.14 5,364 2
21位/スターツグループ(ピタットハウス) 1,291 10.8 59 14.7 4.55% 2,337 6 2.51 5,524 103
22位/三菱地所ハウスネット(三菱地所の住まいリレー) 1,286 21.1 56 17.5 4.34% 2,069 6.2 2.7 6,214 38
23位/近鉄不動産(近鉄の仲介) 1,181 1.3 61 -4 5.14% 4,261 -4.3 1.43 2,772 47
24位/長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 884 5 39 5 4.41% 2,160 2 1.8 4,092 44
25位/リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 857 -0.1 44 0.5 5.09% 1,287 -8.3 3.39 6,659 10
26位/ポラスグループ 744 3.9 35 5 4.73% 2,689 -5.5 1.31 2,765 67
27位/MEグループ 634 8.9 34 7.9 5.38% 2,227 6.1 1.53 2,847 12
28位/小田急不動産(ソナエアラバ) 497 -8.9 24 -3.6 4.76% 1,155 -13.7 2.04 4,299 16
29位/メルディアリアルティ 490 27.6 24 26.6 4.83% 1,075 29.2 8
30位/ナイス 448 0.3 18 8.4 3.96% 1,107 -6.7 1.6 4,049 16
31位/阪急阪神不動産 391 8.6 15 17.9 3.84% 739 -3.5 2.03 5,288 13
32位/REDS 344 10.2 7 4.2 2.07% 650 -3.2 3
33位/京王不動産 316 0.8 14 5.4 4.55% 638 -14.2 2.25 4,946 12
34位/朝日住宅 225 -17.6 10 -15.9 4.31% 754 -15.5 1.29 2,984 8
35位/相鉄不動産販売 208 -33.1 11 -15.3 5.37% 524 -17 2.13 3,971 8
36位/京急不動産 172 -6.1 8 -4.3 4.49% 443 -4.9 1.74 3,887 10

※出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2024(2024年4月発表)」より
※社名をクリックすると、各社の評判や特徴の詳細を見ることができます。

大和ハウスグループは仲介取扱高で業界13位に位置します。

いわゆる不動産仲介の中では中堅クラスに位置します。

不動産仲介ランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

大和ハウス「リブネス」の3つのサービス

リブネスの不動産売却では、大和グループの総合力を活かした3つのサービスがあります。

サービス①大和ハウスグループによる直接買い取りも可能

大和ハウスグループ買取による早期売却

※出典:リブネス公式サイトより

大和ハウスグループの仲介実績は、2017年度3,611件。それに対し、大和ハウスグループによる直接買い取りは404戸と、買い取りの比率がとても高いんですね。

仲介ではなく「買取」で家を売るメリットは、スピードと確実性。売却金額が落ちてしまうというデメリットはありますが、買い替えなどの事情で早く売りたい人や、確実に売りたい人にとっては適しているといえます。

買取については下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
不動産買取のメリット・デメリットは?仲介との違いや手順を徹底解説! 「不動産の買取ってどういう仕組み?」 「不動産買取と仲介ってどっちがいいの?」 「買取のデメリットは何があるの?」 車やブランドバッグに買取店があることをイメー...

サービス②瑕疵保証・設備保証

基本的に、売主は売却後の物件の「瑕疵(かし)」に対して、一定期間、責任を負うことになります。これを、瑕疵担保責任といいます。

瑕疵とは物件の欠陥のこと。雨漏りや腐食、給排水管路の劣化や損傷、シロアリ被害等

一般的に、売主は期限を設けて瑕疵担保責任を負いますが、期限内はいつ瑕疵が発覚するのかと冷や冷やするもの。無事、契約して引き渡したとしても不安が続くというのは、ちょっと嫌ですよね。

リブネスの仲介による物件は、引き渡し後2年に渡って瑕疵が保証されます。(築年数等適用要件あり)

大和ハウスグループの瑕疵保証内容

※出典:リブネス公式サイトより

保障額は、雨漏りや給排水管路については最大200万円、シロアリ被害については最大50万円。

期間内であれば利用回数に制限はないということなので、売主の大きな安心となります。

またキッチン、洗面化粧台、トイレなどの設備についても、自然故障を2年間保証。

瑕疵保証はついていても設備保証まで付帯する不動産会社は多くないので、2年間の設備保証はリブネスの大きな魅力といってもいいでしょう。

大和ハウスグループの設備保証

瑕疵保証や設備保証は、売主はもちろん買主にとっても大きな安心となりますから、リブネスなら「売れやすさ」も向上するといえます。

サービス③大和ハウスグループ施工物件への手厚いサービス

大和ハウスが施工した戸建てとマンションの売却には手厚いサポートをしているのも、リブネスの大きな特徴です。

やはり、自社グループで施工した建物には絶対的な自信があるのでしょう。

リブネスでは、大和ハウスの物件には独自の査定基準を設け、「適正な評価」をおこっています。

適正評価とは、具体的にはメンテナンス履歴・リフォーム歴・保証期間等が評価されるシステム。これらが評価されることにより、一般的な査定システムより高額な査定がつきやすいとのこと

ここまでは、リブネスの3つのサービスについて見てきました。

ここからは、気になるリブネスの評判や口コミを見ていきましょう。

大和ハウス「リブネス」の評判や口コミ

音楽で有名なオリコンでは、不動産仲介会社の顧客満足度調査を毎年発表しています。

残念ながら大和ハウスグループは圏外。

順位 購入 売却
戸建て マンション 戸建て マンション 土地
1 三井のリハウス 住友林業ホームサービス 住友林業ホームサービス 近鉄の仲介 三井のリハウス
2 ピタットハウス 三井のリハウス 野村の仲介+ 住友林業ホームサービス 東急リバブル
3 東急リバブル 近鉄の仲介 東急リバブル 大成有楽不動産販売 積水ハウス不動産グループ
4 住友不動産販売 東急リバブル 積水ハウス不動産グループ 東急リバブル 住友不動産販売
5 積水ハウス不動産グループ 三菱地所ハウスネット 三井のリハウス 三菱地所ハウスネット 三井住友トラスト不動産
6 センチュリー21 大成有楽不動産販売 近鉄の仲介 野村の仲介+ センチュリー21
7 ハウスドゥ 大京穴吹不動産 三井住友トラスト不動産 積水ハウス不動産グループ
8 福屋不動産販売 野村の仲介+ 住友不動産販売 三井のリハウス
9 積水ハウス不動産グループ ハウスドゥ 大京穴吹不動産
10 三井住友トラスト不動産 センチュリー21 三井住友トラスト不動産
11 住友不動産販売 福屋不動産販売 住友不動産販売
12 センチュリー21 長谷工の仲介
13 ピタットハウス ピタットハウス
14 ハウスドゥ センチュリー21
15 福屋不動産販売 ハウスドゥ
16 長谷工の仲介 福屋不動産販売

※出典:「おすすめの不動産仲介 購入のランキング・比較」「おすすめの不動産仲介 売却のランキング・比較」より

調査対象企業にも入っていないため、少し顧客からは仲介のイメージが薄いのも影響ありそうです。

大和ハウスの口コミ

大和ハウスのリブネスは近年できたブランドということもあり、まだ信頼できる評判や口コミの情報は少ないようです。

Twitterの口コミを見ても購入者の意見が多いようです。

参考になるような口コミは少なく、CMに関する感想ばかりでした。

次にリブネス公式サイトからリブネスで実際に家を売却した人の声から抜粋します。

次に住む方に建物の保証も引き継ぎたいと思い、大和ハウスグループに仲介を依頼。メンテナンス履歴も評価される査定を実施したところ、一般査定より高い評価額に。適正な資源価値を算出でき、売却と住み替えをスムーズに進められました。(大和ハウス施工の戸建てを売却したSさん)

マンションの売却を検討していた際、様々な会社のHPを見てどの会社にするか迷っていました。日本住宅流通(リブネスを形成する1社)は大和ハウスグループで、チラシには数多くの物件を取り扱っているとのことで、説明を聞きに営業所へ赴きました。設備保証などが買主の方の検討材料の1つとなり、思ったより早く売却が決まり、とても感謝しています。(大和ハウス施工のマンションを売却したMさん)

※出典:リブネス公式サイト「リブネスボイス」より

公式サイトについては良い評価のものしか載せないでしょうが、やはり大和ハウス物件の売却における満足度は高いようです。

全体的に見ても、やはり「大和ハウスグループならでは」という点での高評価がうかがえます。

大和ハウス「リブネス」で売却するのに向いている3つのケース

リブネスに向いているのは、次の3つのケースです。

  1. リフォームしてから売る
  2. 買取を検討している
  3. 大和ハウスグループ施工の戸建て、マンションの売却

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ケース1.リフォームしてから売るケース

リフォームと売却をセットで考えている場合は、リブネスは選択肢の1つに加えてもいいと思います。

リブネスを形成している1社である大和ハウスリフォームは、年間5万件以上のリフォームを受注し、2016年度、2017年度のオリコン顧客満足度ランキング「大型リフォーム部門」で1位を獲得している企業です。

リフォームと売却をセットにする場合、難しいのがタイミング。リフォームと売却を連携することができれば、スムーズに売却までこぎつけることができるでしょう。場合によっては、リフォーム中に売り出すことも可能になります。

リフォームするかしないかの判断基準は、下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
マンション売却のためにリフォームするべきではない2つの理由と費用相場 マンション売却を検討中の方に多い悩みが、リフォームについて。 こんなふうに迷っているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。 住んでいればどうしても、家は傷み...

ケース2.買取を検討しているケース

不動産は、不動産会社に仲介してもらって売るのが主流です。

その一方、不動産会社自らが買い取ってくれるケースもあります。これを「仲介」に対して、「買取」といいます。

リブネスは買取実績が多いですから、以下のような人に向いているといえます。

  • 買い替えの都合で売却を急ぎたい
  • 相続税の納税期限が迫っているから早く資金化したい
  • 離婚に伴う家の売却だから、速やかに資金化して夫婦の縁を早く切りたい
  • 一般の人にはあまり需要のない物件

仲介と買取については下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
不動産買取のメリット・デメリットは?仲介との違いや手順を徹底解説! 「不動産の買取ってどういう仕組み?」 「不動産買取と仲介ってどっちがいいの?」 「買取のデメリットは何があるの?」 車やブランドバッグに買取店があることをイメー...

ケース3.大和ハウスグループ施工の戸建て、マンション

リブネスに向いているのは、なんといっても大和ハウスグループ施工の物件を売却する人。メリットは、次のようなことが考えられます。

  • 適正評価により他社より高額売却が狙える
  • 物件のことをよくわかっている担当者が売却してくれるためPRしやすい
  • 大和ハウス施工物件は大和グループで買いたいと考える人は多いことが予想され、他社より集客が見込める

大和ハウス施工の戸建てやマンションの売却を考えている方は、選択肢の1つとしてリブネスを加えても損はないはずです。

ただし初めからリブネス1本に絞るのではなく、必ず複数社に査定依頼して、不動産会社をしっかり見極めるようにしてくださいね。

満足した不動産売却は不動産一括査定を利用するのが鉄則

信頼できる不動産会社を見つける

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差が出ることも。

ただ、あなただけの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定の仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定を使えば、ネットからカンタンに複数社に査定依頼ができるのです。

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「SUUMO」「HOME4U」

不動産一括査定サイトは似たようなサイトが多くかなり乱立しています。

その中でも信頼性や実績から下記4つをオススメしています。

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「すまいValue
  • 賃貸サイトで有名で大手から地域密着の不動産会社を探せる「SUUMO
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「イエウール

上記を見ると超大手だけに依頼ができる「すまいValue」だけで良いように思えます。

ただし、不動産売却を成功させるなら大手だけではダメ。不動産会社には得意・不得意があるためです。

不動産仲介会社によって得意不得意がある

だから下記のように複数の不動産一括査定サイトを併用して大手・中堅・中小にも依頼できるようにするのが成功の秘訣です。

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額を送付してください」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

メールで査定額を送付してください

どの不動産一括査定が「机上査定」「メール要望」が可能かの早見表は下記の通りです。

不動産一括査定サイト名 机上査定が対応 メール要望
すまいValue
SUUMO
HOME4U
イエウール × ×
SRE不動産(※旧ソニー不動産) ×

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2024年6月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたい・査定相場を知りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事...

まずはどこか1-2社の査定依頼でOKという方は、下記の大手2社がオススメです。

評判がいい不動産仲介会社のおすすめランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

まとめ

今回は、大和ハウスグループ7社による住宅ストック事業「リブネス」を紹介しました。

リブネスは、2018年から始まった新しい試み。

とはいえ、リブネスを形成している日本住宅流通や大和ハウス工業では、従来から仲介業務がおこなわれています。

リブネスの設立は、大和ハウスグループが一丸となって、改めて既存住宅と向き合っていこうという決意の表れだといえます。

これからさらに、リブネスの事業は拡大していくことが予想されます。

大和ハウス施工物件の売却を考えている人はとくに、検討する価値はあると思います。

【関連記事】不動産仲介会社の評判・クチコミまとめ記事
不動産仲介の評判・おすすめランキング
三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 住友不動産販売 東急リバブル 野村不動産グループ(野村の仲介+)
センチュリー21 三井住友トラスト不動産 みずほ不動産販売 三菱UFJ不動産販売
三菱地所リアルエステートサービス 大和ハウス(リブネス) 大京穴吹不動産 住友林業ホームサービス(すみなび)
大成有楽不動産販売(イエタン) 近鉄不動産(近鉄の仲介) スターツグループ(ピタットハウス) 三菱地所ハウスネット(三菱地所の住まいリレー)
長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 中央日本土地建物グループ ナイス 小田急不動産(ソナエアラバ)
京王不動産
目次