MENU
机上査定OK!60秒で不動産最高額をチェック

HOME4U

不動産一括査定ののオススメランキング

不動産一括査定

不動産仲介会社のオススメランキング

不動産仲介ランキング

マンション売却のオススメ方法

マンション売却のおすすめ

一戸建て売却のオススメ方法

一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

土地売却のオススメ方法

土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

投資・収益物件のオススメ売却方法

投資用不動産を高く売却するために知っておきたい全知識を解説

土地活用のオススメ方法

土地活用の全てを一挙公開

ピタットハウス(スターツグループ)の評判や口コミは大丈夫?特徴や強みは?

記事内に商品プロモーションを含みます。
ピタットハウス(スターツグループ)の評判や口コミは大丈夫?特徴や強みは?

街で見かける緑色の看板やテレビCMで、一度はピタットハウスの名を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ピタットハウスは、売買と賃貸を扱う不動産会社です。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • ピタットハウスって、どんな会社なの?
  • ピタットハウスのサービスには、どのような特徴があるの?
  • ピタットハウスがオススメの人って、どんな人なの?

そこでこの記事では、「ピタットハウス」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、ピタットハウスがどんな不動産会社であるのか、その特徴・強み・評判について知ることができます。

本記事のポイントまとめ

  • ピタットハウスとは、スターツコーポレーションのグループ会社が展開する不動産会社のブランド名
  • ピタットハウスを運営するスターツグループの仲介取扱高は業界で21位
  • ピタットハウスの強みは、650店舗の物件情報を共有できるネットワークシステム
  • 近くにピタットハウスがある人は、ピタットハウスと不動産一括査定サイトの利用がオススメ
    ※詳細は「ピタットハウスがオススメの人」に解説しています。
目次

ピタットハウスの評判・口コミ

ピタットハウスの評判や口コミを見る前に知っておくべき注意点があります。

まず、大前提としてピタットハウスはフランチャイズ経営です。

フランチャイズとは、親企業が加盟店に、商号・商標の使用許可とともに与える独占販売権のこと

店舗ごとにサービス提供の質や顧客対応に差があり、ピタットハウス 〇〇店が評判が悪いからと言って、他のピタットハウス系列店が悪いかというと、そうではありません。

たまたま対応の悪い店舗にあたって悪い印象を抱いてしまい、口コミに反映されるということがおおいにあり得ます。

Twitterにある悪い口コミ

ピタットハウスの店舗名については書かれていませんでしたが、悪い口コミもいくつか散見されました。

Twitterにある良い口コミ

ピタットハウスの良い口コミの多くは、担当者との相性が良かったり、担当者が女性で安心したと書かれているものが多かったです。

やはり最初に書いたようにフランチャイズ経営ですので、店舗により異なるようです。

オリコン満足度ランキング

オリコン顧客満足度ランキングによる「不動産仲介会社」では、購入仲介の戸建てで何と2位に入っています。

  • 購入仲介 戸建て:2位 マンション:13位
  • 売却仲介 戸建て:圏外 マンション:13位 土地:圏外
順位 購入 売却
戸建て マンション 戸建て マンション 土地
1 三井のリハウス 住友林業ホームサービス 住友林業ホームサービス 近鉄の仲介 三井のリハウス
2 ピタットハウス 三井のリハウス 野村の仲介+ 住友林業ホームサービス 東急リバブル
3 東急リバブル 近鉄の仲介 東急リバブル 大成有楽不動産販売 積水ハウス不動産グループ
4 住友不動産販売 東急リバブル 積水ハウス不動産グループ 東急リバブル 住友不動産販売
5 積水ハウス不動産グループ 三菱地所ハウスネット 三井のリハウス 三菱地所ハウスネット 三井住友トラスト不動産
6 センチュリー21 大成有楽不動産販売 近鉄の仲介 野村の仲介+ センチュリー21
7 ハウスドゥ 大京穴吹不動産 三井住友トラスト不動産 積水ハウス不動産グループ
8 福屋不動産販売 野村の仲介+ 住友不動産販売 三井のリハウス
9 積水ハウス不動産グループ ハウスドゥ 大京穴吹不動産
10 三井住友トラスト不動産 センチュリー21 三井住友トラスト不動産
11 住友不動産販売 福屋不動産販売 住友不動産販売
12 センチュリー21 長谷工の仲介
13 ピタットハウス ピタットハウス
14 ハウスドゥ センチュリー21
15 福屋不動産販売 ハウスドゥ
16 長谷工の仲介 福屋不動産販売

※出典:「おすすめの不動産仲介 購入のランキング・比較」「おすすめの不動産仲介 売却のランキング・比較」より

昨年までは購入仲介のマンションで14位に入ったのが、今年に入り一気にランクインが増えました。

特に購入仲介の戸建てで2位は大躍進です。

ただし、不動産業はサービス業なので、フランチャイズといってもサービスレベルはどうしても各店舗でバラつきは生じます。

コンビニのような物販店舗のフランチャイズは、A店でもB店でも売っているものは同じなので、評判の格差というのは生じません。

一方で、サービス業のフランチャイズは、どうしてもその店の担当者の力量によって評価が分かれてしまいます。

もしピタットハウスに売却の仲介をお願いするようであれば、一括査定などを活用して幅広く色々な仲介会社の意見を聞いてみるのをオススメします。

一括査定については「「ピタットハウスがオススメの人」にて解説しています。

ピタットハウスはどんな会社?

ピタットハウスとは、「スターツコーポレーション」のグループ会社であるピタットハウスネットワーク株式会社が展開する不動産会社のブランド名です。

ピタットハウス ネットワーク株式会社

スターツは建設業を中心とした会社ですので、建築や不動産の仕事をしている人には広く認知されています。

ただ、今では一般の人にはピタットハウスの方が有名で認知度が高いかもしれません。

ピタットハウスはスターツの不動産事業から派生して生まれた不動産店舗のフランチャイズになります。

仕組としてはセブンイレブンとかファミリーマートと同じで、ピタットハウスはその不動産屋ヴァージョンとなります。

スターツ自体はかなり大きな会社ですので、東京マラソンなどのスポーツにも熱心に協賛しています。

女子卓球で有名な伊藤美誠選手も、スターツの所属です。

また、スターツはスターツ出版株式会社という会社も持っており、「Ozmagazin(オズマガジン)」なども出版しています。

スターツは、元々は東京都江戸川区から創業した会社であるため、ピタットハウスも首都圏では比較的昔から多くの店舗が展開されています。

仲介取扱高で業界21位

公益社団法人不動産流通推進センターによると、2023年の不動産売買の仲介ランキング(2024年4月発表)は以下の通りです。

ランキングは取扱高を基準に順位を表示しています。

順位/企業名 取扱高
(億円)
前年比
(%)
手数料収入
(億円)
前年比
(%)
手数料率
(%)
仲介件数
(件)
前年比 (%) 1件あたり
手数料
(百万円)
1件あたり
平均物件価格
(万円)
店舗数
1位/三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 1兆9,184億円 1.4 910 17.4 4.75% 39,106 -5 2.33 4,906 291
2位/東急リバブル 1兆8,213億円 15 826 160 4.54% 29,577 3 2.79 6,158 206
3位/住友不動産販売 1兆3,961億円 -3.9 725 1.8 5.20% 34,906 -8.5 2.08 4,000 249
4位/野村不動産グループ(野村の仲介+) 1兆603億円 9.9 453 13.6 4.27% 9,985 -1 4.53 10,619 94
5位/センチュリー21 6,828 10.7 323 10.5 4.73% 27,009 0.4 1.2 2,528 1,008
6位/三井住友トラスト不動産 5,661 2.9 250 9 4.41% 8,128 14.2 3.07 6,965 68
7位/三菱UFJ不動産販売 4,997 11 212 11.3 4.23% 4,341 -6.7 4.87 11,510 35
8位/みずほ不動産販売 4,516 5.3 188 6 4.17% 3,815 4.1 4.94 11,838 49
9位/オープンハウス 3,633 3.2 158 4.8 4.34% 8,497 5.6 1.86 4,276 68
10位/三菱地所リアルエステートサービス 3,560 29.9 104 15.9 2.92% 1,197 7 8.68 29,737 9
11位/積水ハウスグループ 2,626 -8.8 123 -2.7 4.70% 7,075 -11.3 1.74 3,712 108
12位/東宝ハウスグループ 2,517 10.8 118 9 4.71% 6,268 0.8 1.89 4,016 20
13位/大和ハウス(リブネス) 1,977 6.6 96 13.5 4.86% 4,884 3.6 1.97 4,048 121
14位/住友林業ホームサービス(すみなび) 1,917 5.7 85 7.1 4.43% 4,495 -5 1.89 4,265 44
15位/東京建物不動産販売 1,762 1.5 46 -2.9 2.63% 1,082 -5 4.28 16,285 14
16位/大成有楽不動産販売(イエタン) 1,738 2.5 73 2.7 4.19% 3,579 -12.6 2.03 4,855 36
17位/中央日本土地建物グループ 1,609 22.7 49 29.2 3.06% 329 2.5 14.97 48,900 7
18位/大京穴吹不動産 1,549 -7.6 70 -9.2 4.5% 4,528 -14.8 1.54 3,421 74
19位/福屋ホールディングス 1,470 4.8 73 4.5 4.99% 7,875 -0.9 0.93 1,867 95
20位/伊藤忠ハウジング 1,299 41 28 7 2.13% 2,421 27 1.14 5,364 2
21位/スターツグループ(ピタットハウス) 1,291 10.8 59 14.7 4.55% 2,337 6 2.51 5,524 103
22位/三菱地所ハウスネット(三菱地所の住まいリレー) 1,286 21.1 56 17.5 4.34% 2,069 6.2 2.7 6,214 38
23位/近鉄不動産(近鉄の仲介) 1,181 1.3 61 -4 5.14% 4,261 -4.3 1.43 2,772 47
24位/長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 884 5 39 5 4.41% 2,160 2 1.8 4,092 44
25位/リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 857 -0.1 44 0.5 5.09% 1,287 -8.3 3.39 6,659 10
26位/ポラスグループ 744 3.9 35 5 4.73% 2,689 -5.5 1.31 2,765 67
27位/MEグループ 634 8.9 34 7.9 5.38% 2,227 6.1 1.53 2,847 12
28位/小田急不動産(ソナエアラバ) 497 -8.9 24 -3.6 4.76% 1,155 -13.7 2.04 4,299 16
29位/メルディアリアルティ 490 27.6 24 26.6 4.83% 1,075 29.2 8
30位/ナイス 448 0.3 18 8.4 3.96% 1,107 -6.7 1.6 4,049 16
31位/阪急阪神不動産 391 8.6 15 17.9 3.84% 739 -3.5 2.03 5,288 13
32位/REDS 344 10.2 7 4.2 2.07% 650 -3.2 3
33位/京王不動産 316 0.8 14 5.4 4.55% 638 -14.2 2.25 4,946 12
34位/朝日住宅 225 -17.6 10 -15.9 4.31% 754 -15.5 1.29 2,984 8
35位/相鉄不動産販売 208 -33.1 11 -15.3 5.37% 524 -17 2.13 3,971 8
36位/京急不動産 172 -6.1 8 -4.3 4.49% 443 -4.9 1.74 3,887 10

※出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2024(2024年4月発表)」より
※社名をクリックすると、各社の評判や特徴の詳細を見ることができます。

ピタットハウスを運営するスターツグループは、仲介取扱高で業界21位に位置します。

ピタットハウスは不動産仲介の取扱高でミドルクラスの不動産会社となっています。

ピタットハウスは、当初は賃貸仲介を中心に店舗を拡大していきました。

賃貸仲介とは、アパートなどに入居者をあっせんする仲介のこと

それに対して、不動産の売却や購入をあっせんする仲介のことを売買仲介と呼びます。

賃貸仲介は売買仲介に比べると手数料が低いため、不動産会社としてはあまり儲かりません。

そのため、儲からない賃貸仲介で多店舗展開をするというのは業界の常識として難しいと考えられていました。

そこを様々なコスト削減策を行って、賃貸仲介でも利益を出せるビジネスモデルを確立したのがピタットハウスのノウハウの原点となっています。

ピタットハウスの経営ノウハウは、個人が経営している不動産会社にとっては画期的なものであったたため、フランチャイズとして広く受け入れられ、拡大していったという経緯があります。

不動産仲介ランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

ピタットハウスの3つの特徴

ピタットハウスの特徴は大きく3つあります。

  1. 賃貸に強い
  2. フランチャイズである
  3. ブランドイメージを大切にしている

特徴1.賃貸に強い

フランチャイズは、元々、賃貸仲介を中心に展開していたことから、売買ではなく賃貸に強いイメージがあります。

名前が「あなたにピタッと合う家をお探しします」という感じなので、ブランド名からして賃貸という雰囲気が出ています。

ただ、今では店舗数も多く、売買仲介に強い不動産会社もフランチャイズに加盟していったことから、売買仲介も強いです。

実際、不動産会社がピタットハウスに加盟すると、売買仲介の取扱量が増えたという声もあり、売却や購入の依頼をしても十分に対応してくれます。

特徴2.フランチャイズである

ピタットハウスの店舗は、基本的にはフランチャイズ店です。

地方でも、主要なターミナル駅にある一部の店舗は直営店となっています。

利用者にとっては、どこが直営で、どこがフランチャイズ店なのかは分かりません。

ピタットハウスの各店舗は、元々、個人店レベルで経営されていた街の不動産会社がフランチャイズに加入しているケースが多いです。

現在、全国には650のピタットハウスの店舗がありますが、新しくゼロから650店作っていったわけではなく、元々別の名前で経営されていた不動産会社が次々とフランチャイズに加わり、650店まで増えています。

コンビニのように、新たに店舗を作って、店舗数が拡大しているのではなく、既存の店舗がくら替えしているという感じです。

理由としては、不動産業は店舗を作るために宅地建物取引業の免許を取得しなければならないため、コンビニなどと比べると参入障壁が高いためです。

そのため、ゼロから店舗を作っていくのは難しく、既存店のくら替えを利用しないとここまで店舗拡大をすることができません。

フランチャイズの店舗は、基本的には既存店のくら替えですので、どうしても「昔の店のクセ」みたいなものは各店舗に残っています。

例えば、明日からピタットハウスに加盟するとなったとき、今までの店が全てをガラッと変えることができないことは、想像できるかと思います。

コンビニのフランチャイズのように、まっさらなゼロからの状態で始めるわけではなく、従前店の延長上でフランチャイズに加盟しているというのが特徴です。

ピタットハウスの場合、フランチャイズではありますが、基本的には「従前店の強みや弱み」が残っているということになります。

特徴3.ブランドイメージを大切にしている

ピタットハウスは、ブランドイメージを大切にしているという特徴があります。

全国の店舗はグリーンカラーとロゴマークで統一され、各店舗が一目でピタットハウスだと分かる店舗づくりをしています。

元々、賃貸仲介をメインとしていたことから、店舗全体が「入店しやすく、親しみやすい」雰囲気になっています。

利用者の中でピタットハウスに不快感をあらわにする人は、あまり見かけませんし、業界的にも非常に評判は良いです。

最近では、イメージガールが小島瑠璃子さんに変わりました。

ながらく水野真紀さんをイメージガールとして起用しており、「いつまでこの人を使うんだろう・・・」とも思いましたが、ようやく変わっています。

実は頭の良い小島瑠璃子さんを起用したことも、ブランドイメージを大切にしているピタットハウスならではの戦略といえるでしょう。

ピタットハウスの強みはネットワーク

ピタットハウスの強みは、650店舗のネットワークです。

ピタットハウスには、全国650の店舗が物件情報を共有できるシステムがあります。

A店の売物件情報をB店が見ることができ、B店のお客さんにA店の物件を紹介できるシステムとなっています。

例えば、売主がピタットハウスのA店に売却を依頼したとしても、A店だけが売却活動をするのではなく、全国650の全て店舗が売却活動を行ってくれることになります。

そのため、ピタットハウスに売却や賃貸を依頼しても、ピタットハウスのA店だけが売却や賃貸を行っているわけではないので、売買や賃貸が決まりやすいという強みがあります。

不動産会社同士が知らない店であっても、ピタットハウスの加盟店同士であれば、お互い親近感がわきますので、店舗同士も仲良く協力しあいます。

ピタットハウスの利用者は自然と大きなネットワークを利用できるため、個人が経営している単独店舗よりも、売却や賃貸が決まりやすくなるのです。

ピタットハウスがオススメの人

近くにピタットハウスがある人は、ピタットハウスがオススメです。

ピタットハウスは、元々、既存の店舗がフランチャイズに加盟している店舗が多く、既に地元に根付いている店舗が多いです。

中には古くから地元で営業している店舗もあり、独自の情報ネットワークを多く持っています。

一方で、650の店舗ネットワークも駆使することができるため、大手並みの情報網もあります。

中小の店舗と大手の店舗のメリットを併せ持つような店舗が多いため、近くにピタットハウスがあれば、十分に利用する価値があります。

売却も賃貸も両方対応していますので、何か相談したいことがあれば店舗に出向いて見るのも良いでしょう。

不動産一括査定にも加盟している

ピタットハウスは不動産一括査定にも加盟しています。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定の仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

ピタットハウスはこれまで説明してきたように優れた不動産会社。

ただし、売買を考えるならピタットハウス以外にも査定相談をして客観的な意見を聞くべきです。

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「SUUMO」「HOME4U」

不動産一括査定サイトは似たようなサイトが多くかなり乱立しています。

その中でも信頼性や実績から下記4つをオススメしています。

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「すまいValue
  • 賃貸サイトで有名で大手から地域密着の不動産会社を探せる「SUUMO
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「イエウール

上記を見ると超大手だけに依頼ができる「すまいValue」だけで良いように思えます。

ただし、不動産売却を成功させるなら大手だけではダメ。不動産会社には得意・不得意があるためです。

不動産仲介会社によって得意不得意がある

だから下記のように複数の不動産一括査定サイトを併用して大手・中堅・中小にも依頼できるようにするのが成功の秘訣です。

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額を送付してください」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

メールで査定額を送付してください

どの不動産一括査定が「机上査定」「メール要望」が可能かの早見表は下記の通りです。

不動産一括査定サイト名 机上査定が対応 メール要望
すまいValue
SUUMO
HOME4U
イエウール × ×
SRE不動産(※旧ソニー不動産) ×

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2024年6月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたい・査定相場を知りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事...

まずはどこか1-2社の査定依頼でOKという方は、下記の大手2社がオススメです。

評判がいい不動産仲介会社のおすすめランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

まとめ

ピタットハウスがどんな不動産会社であるのか、その特徴・強み・評判について見てきました。

ピタットハウスはブランドイメージを大切にする良い不動産フランチャイズです。

賃貸のイメージが強いですが、今では売買も多く扱っています。

近くに店舗があれば、利用してみることをオススメします。

【関連記事】不動産仲介会社の評判・クチコミまとめ記事
不動産仲介の評判・おすすめランキング
三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 住友不動産販売 東急リバブル 野村不動産グループ(野村の仲介+)
センチュリー21 三井住友トラスト不動産 みずほ不動産販売 三菱UFJ不動産販売
三菱地所リアルエステートサービス 大和ハウス(リブネス) 大京穴吹不動産 住友林業ホームサービス(すみなび)
大成有楽不動産販売(イエタン) 近鉄不動産(近鉄の仲介) スターツグループ(ピタットハウス) 三菱地所ハウスネット(三菱地所の住まいリレー)
長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 中央日本土地建物グループ ナイス 小田急不動産(ソナエアラバ)
京王不動産
目次