銀行系不動産会社の「日本土地建物販売」とは?特徴や評判・口コミ

投稿日:

日本土地建物株式会社

名の知れた大手企業が含まれる「みずほ銀行グループ」には、「日本土地建物販売」という不動産会社もあります。

CMや広告などではあまり見聞きしませんが、一体どのような会社なのでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 日本土地建物販売って、一体どのような会社なの?
  • 日本土地建物販売の口コミや評判は?
  • 日本土地建物販売は、どのような人にオススメなの?

そこでこの記事では、「日本土地建物販売」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、銀行系不動産会社である日本土地建物販売とはどのような会社であるかということや、その特徴、評判について知ることができます。

合同会社ラビッツ 代表社員 石川貴裕

不動産売却の教科書の責任者・編集

合同会社ラビッツ 代表社員

石川貴裕

名古屋のIT企業に従事しながら、親族の不動産仲介会社にて不動産売買の実務を経験。不動産売買で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイト不動産売却の教科書を立ち上げ。

経歴不動産仲介10年、電気機器メーカー5年、電子部品メーカー2年、WEBサービス会社5年

1.日本土地建物販売とは

日本土地建物販売とは、日本土地建物株式会社の仲介事業が独立した会社。

日本土地建物とは、みずほ銀行系の不動産会社になります。

みずほ銀行は、旧第一勧業銀行、旧富士銀行、旧日本興業銀行が合併してできた銀行です。さらに、旧第一勧業銀行は、日本勧業銀行と第一銀行が合併した銀行となります。

このうち、日本土地建物は、日本勧業銀行の流れをくむ会社です。

日本勧業銀行とは、1896年(明治29年)、農工業の改良のための長期融資を目的に「日本勧業銀行法」(勧銀法)が制定され、翌年に政府を中心に設立された銀行です。

1954年に勧友ビルディングという会社名からスタートしており、社歴としては65年の会社となります。

日本土地建物は主にビル賃貸業を行っている会社ですが、不動産仲介業も一部行っていました。

1992年に不動産仲介業部門を分離独立させてできたのが、日本土地建物販売という会社になります。

日本土地建物販売は、会社の規模としてはそれほど大きくなく、従業員数としては125名の会社。

支店としては、都内に4支店、その他、横浜、名古屋、大阪、福岡に1店舗ずつあり計8支店の会社となっています。

日本土地建物販売の主な事業内容としては仲介業ですが、法人を相手とした法人仲介が中心となっているのが特徴です。

以上、ここまで日本土地建物販売について見てきました。

では、業界内での日本土地建物販売の位置づけはどのようなものでしょうか。

そこで次に、業界での位置づけについて解説いたします。

2.日本土地建物販売の不動産業界での位置づけ

公益社団法人不動産流通推進センター(2019年3月発表)によると、2018年3月時点での仲介各社の売上ランキングは以下の通りです。

日本土地建物販売は、全体の中で19位にランクインしています。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)仲介件数 (件)店舗数
1三井不動産リアリティグループ1,568,07480,03540,658281
2東急リバブル1,315,59454,89724,410174
3住友不動産販売1,257,50766,31037,058266
4野村不動産グループ800,73931,6378,56183
5センチュリー21・ジャパン674,49931,60826,514935
6三井住友トラスト不動産495,12420,2317,87872
7三菱UFJ不動産販売481,66419,4035,75945
8みずほ不動産販売396,12915,6234,23744
9三菱地所リアルエステートサービス234,3669,6141,1629
10大京グループ173,2547,9799,80574
11大成有楽不動産販売グループ162,8767,0254,25939
12大和ハウスグループ153,5676,1213,61148
13住友林業ホームサービス145,6956,7114,29847
14東宝ハウスグループ136,3586,3093,95114
15スターツグループ120,7395,3922,412102
16東京建物不動産販売116,0563,42090814
17イエステーション112,3296,0988,180139
18近鉄不動産101,7885,3274,07644
19日本土地建物販売91,1843,5354308
20長谷工リアルエステート86,1663,5781,95234
21三菱地所ハウスネット70,4252,7291,42119
22小田急不動産48,1282,1411,34920
23MEgroup46,8523,9661,8328
24すてきナイス(連結)46,7311,87594416
25ポラスグループ・中央住宅44,3122,2022,13823
26朝日住宅27,3761,1989759
27京王不動産27,0621,20469711
28京急不動産24,16781352310
29相鉄不動産販売18,4219176169

日本土地建物販売はランキングこそ19位ですが、仲介件数がランキング表の中で最も少ないのが特徴です。

つまり、少ない仲介件数で、大きな売り上げを上げていることになります。

なぜ少ない件数で大きな売り上げが上がるかというと、日本土地建物販売は法人仲介を中心とした会社であり、1つ1つの物件の金額が大きいことが理由です。

以上、ここまで業界での位置づけについて見てきました。

では、日本土地建物販売にはどのような特徴があるのでしょうか。

そこで次に、日本土地建物販売の特徴について解説いたします。

3.日本土地建物販売の特徴

日本土地建物販売の特徴は、法人仲介を中心に扱っているという点。

  • 法人仲介は、企業が持っているオフィスビルや商業施設、社宅、倉庫、遊休地といった金額の大きな不動産の仲介のこと
  • 個人仲介とは、戸建てやマンションといった個人が保有している不動産の仲介のこと

日本土地建物販売では、原則として個人が保有している不動産の仲介は積極的に行っていません。

日本土地建物販売のことを知らない人も多いと思いますが、個人を対象として商売をしているわけではないため、個人向けの広告宣伝活動を行っていないことも理由の一つ。

また、店舗も通常の不動産会社のような路面店ではなく、オフィスビルの中にあるため目立たない作りとなっています。

そのため、店舗を見たことのある人も、ほとんどいないものと思われます。

一方で、日本土地建物販売は、法人の間では、比較的認知度が高いです。

日本土地建物販売は、親会社である日本土地建物がCRE戦略支援という事業を行っています。

CREとはCorporate Real Estateの略であり、企業不動産のこと

簡単に言うと、法人の持っている不動産を、売ったり、有効活用したりして、企業の価値を上げるという戦略。

CREという言葉は、かなり認知されてきましたが、日本土地建物は日本で最初にCREという言葉を使いだして、企業向けの不動産コンサルをしていました。

よって、大企業の不動産担当者の間では、日本土地建物は広く認知されている存在であり、その子会社である日本土地建物販売も法人の間では認知度が高いです。

法人も、何らかの事情によって保有している不動産を売却することがありますので、そのような場合には日本土地建物販売のような法人専門の不動産会社が仲介を手伝うことになります。

法人の不動産売却については下記記事で詳しく解説しています。

200view
テナントビル売却をするなら知っておきたい基礎知識と注意点を解説

保有しているビルを売却したい、そんなときはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。 これからビル売却を検討しようとし ...

続きを見る

殿堂
法人が不動産売却をするときに気にすべき建物価格と消費税

この記事は法人で不動産の売却を担当している人向けに書いた記事となります。 個人は不動産の売却額に対して消費税は発生しませ ...

続きを見る

3,030view
法人の不動産を所有?それとも賃貸?メリット、デメリットとその判断基準

企業にとって不動産は、お金の問題だけでなく、営業拠点にもなるため、どこで事業を行うかということは、とても重要な要素です。 ...

続きを見る

以上、ここまで日本土地建物販売の特徴について見てきました。

では、日本土地建物販売の口コミや評判はどのような感じでしょうか。

そこで次に、日本土地建物販売の口コミ・評判について解説いたします。

4.日本土地建物販売の口コミ・評判

日本土地建物販売は、基本的にインターネット上の口コミがありません。

理由としては、個人が顧客とはなっていないため、何か不満のある個人がインターネットに書き込むようなケースがないため。

インターネットに口コミや評判が載るのは、基本的にはほとんど個人を相手とした商売であり、法人が相手となる商売では、インターネット上の口コミ現象はあまり生じません。

利用者の口コミはありませんが、元社員の口コミはインターネット上にあります。

一般的に、従業員満足度の高い会社は顧客満足度も高いため、ここでは従業員がどのように感じているのかを紹介します。

日本土地建物販売に対する良い口コミ

  • 福利厚生として保養施設や提携ホテルがあり、格安で泊まれるため家族がいる方はよく利用している。また対象者であれば住宅手当や家族手当もあるため、表面上の給与額よりも多く給与が出ることもある。企業年金(確定給付型)も用意されている。(2018年頃)
  • 良くも悪くも任される環境であるため、基本は自分で考えて判断するしかなく、判断力が養われる。色々な関係者を巻き込んで業務を進めていく必要があるため、どのようにすれば周囲が動いてくれるか考える力がつく。自身で顧客開拓が必要であるため、自ずと行動力が身につく。(2018年頃)

※出典:カイシャの評判「日本土地建物販売株式会社の評判・口コミ」より

社歴がそれなりに長い会社ですので、福利厚生等はしっかりしているようです。

次に、気になる点をご紹介します。

日本土地建物販売に対する悪い口コミ

  • 実力主義の会社ではないので、たとえ営業成績が良かったとしてもすぐに昇進昇格は無い。自分の評価については上席からフィードバックはあるものの、自己評価との乖離が出る場合もある。どちらかというと年功序列の形態が残っている会社である。(2018年頃)
  • 営業職からグループ内の別の職種に異動になることが少ない。(特に中途社員)そのため同じ仕事を長期間担うことになり、成長実感がなくなりがちになる。会社として個々の社員の成長を促進したり、サポートするという意識が希薄。(2018年頃)

※出典:カイシャの評判「日本土地建物販売株式会社の評判・口コミ」より

評価や異動に不満がある声が多いです。

ブラックや残業といったキーワードが一切出てこないので、実質的な満足度はかなり高いものと思われます。

従業員満足度はかなり高い会社であるため、そこから類推するに顧客満足度もかなり高いものと予想されます。

業界的にも悪いうわさを聞く会社ではないので、評判は非常に良いと考えて良いでしょう。

以上、ここまで日本土地建物販売の口コミ・評判について見てきました。

では、日本土地建物販売はどのような人におススメなのでしょうか。

そこで次に、日本土地建物販売がおススメの人について解説いたします。

5.日本土地建物販売がオススメの人

日本土地建物販売がオススメの人は、法人の不動産担当者の人です。

法人の不動産といっても、すぐに売買が発生するわけではありません。

会社の業績や、今後の方向性によって、売ったり、買ったりが決まっていきます。

CRE戦略支援を行っている日本土地建物販売は、中長期にわたって企業に担当者がついて色々な提案が行われていきます。

法人の仲介は、一見の取引が行われることは基本的になく、多くの場合が既に担当者同士が知っている中で依頼が発生します。

そのため、法人の担当者が突然日本土地建物販売に売却を依頼することはないと思われます。

銀行の紹介を通じて、相談ベースから始まることが通常です。

法人の不動産担当で、既に日本土地建物販売を知っている人であれば、売却のニーズが発生したときに、頼むのが良いと思います。

満足した不動産売却は不動産一括査定を利用するのが鉄則

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差出ることも。

ただ、あなただけでの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。不動産一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の流れ

えぇぇ!!!こんな便利なサービスがあるんですね!
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果。※少し細かいので流し読みする程度でOK

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社でBIG3と言われています。

超大手不動産会社3社(BIG3)で不動産仲介の29.96%。不動産売買の3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そして上位3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社の話も聞く

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

すまいValue 」「 HOME4U 」「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」「 イエウール 」のさらに詳細を見ていきます。


◆どの地域でも外せない「すまいValue」

超大手不動産会社3社に唯一依頼ができるのが「 すまいValue 」です。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

すまいValueは超大手の不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実

ただし、超大手の不動産会社は取引額が大きい不動産に力を入れる傾向が強いです。また、両手仲介が多いのも事実です。

次に紹介する両手仲介なしの「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」、大手・中堅・地域密着をバランスよく依頼が可能な「 HOME4U 」を合わせて申し込んでおくことをオススメします。

すまいValue公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆両手仲介無し「SRE不動産(旧ソニー不動産)」※一都三県、大阪、兵庫の方限定

SRE不動産

SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイト
https://sony-fudosan.com/

SRE不動産は、ソニー不動産より名称変更してできた会社。中身はソニー不動産の時と何ら変わりません。

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、SRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産はソニーグループが運営。成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1を獲得しており安心・実績抜群。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫の方は、申し込んでおくことをオススメします。

SRE不動産(※旧ソニー不動産)の公式サイトはコチラ

◆NTTグループの安心運営!運営歴も長く実績抜群「HOME4U」

大手・中堅・地域密着にバランスよく依頼したい。そんな人は「 HOME4U 」がオススメ。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループが運営、2001年からサービス開始で運営実績No.1と安心感抜群の一括査定。

NTT系は審査が厳しいことで有名。不動産会社をしっかりチェックして厳選しています。

とりあえず迷ったらHOME4Uにしておけば間違いないでしょう。

入力が面倒な方は、お電話にて代行入力が可能です。

連絡先:0120-444-529(受付時間:平日10時30分~18時)

※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

HOME4U公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆【地方や田舎に強い】中堅・地域密着に数多く依頼ができる「イエウール」

上記で紹介した一括査定を使っても、不動産会社が1社しか見つからない・・・そんな時は「 イエウール 」を使ってみてください。

イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

イエウール 」は参加している不動産会社が1,900社と一括査定No.1となっています。

つまりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

特に地域密着の不動産会社は、小さい会社というのもあり、社長自身が担当になることが多く、手厚いサポートが受けられることができます。

イエウール公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。


少し長くなりましたので、再度まとめます。

【まとめ】不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

※もし迷われるようでしたら、お問い合わせフォームよりお気軽に連絡ください。適切なサービスを紹介させていただきます。

サイト名参加不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない可能性あり
SRE不動産(※旧ソニー不動産) SRE不動産(旧ソニー不動産)のみ東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化、両手仲介なし
・成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1
一都三県・大阪・兵庫のみしか対応できない
HOME4U 1,300社全国700万人
※2018/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

入力項目が少し多い
イエウール 1,900社全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,900社は一括査定No.1
運営歴が浅い
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
参加不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
おうちダイレクト 不明
中堅、地域密着の不動産会社
関東:東京・神奈川・千葉・埼玉
関西:大阪府
非公開2018年~Yahooの巨大広告を駆使して購入検討者を多く探せられる関東:1都3県、関西:2府2県のみしか対応できない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない

6.まとめ

以上、ここまで、日本土地建物販売について解説してきました。

日本土地建物販売は法人仲介を専門とした会社であるため、個人が売却を依頼するようなケースが少ないです。

法人の不動産担当者で、日本土地建物販売を知っている人は、依頼を検討してみるのが良いでしょう。

合わせて読まれている記事

おすすめ記事一覧

53,388view
マンション売却の流れと早く高く売るコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

44,027view
不動産一括査定

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

6,345view
一戸建て

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,300view
土地(更地)

この記事では、はじめて土地を売る方でも失敗しないように、土地売却の流れ・あらかじめ知っておきたい注意点について分かりやす ...

-不動産会社

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.