注文住宅のメリット・デメリットと風水的にNGな間取り5選

更新日:

ゼロから作る注文住宅は、間取りも自由に作ることができます。

注文住宅では、こだわりを持って自分たちの要望に沿った家を作ることができます。

ところが、ほとんどの人が家を作るのは初めてです。

そのため、いざ作り出すと間取りに悩んでしまう人も多いです。

注文住宅に興味のある人の中には、

  • 注文住宅と建売住宅はどちらが良いのか知りたい
  • 自分の予算にあった注文住宅を作ってくれる住宅メーカーを知りたい
  • 風水的に見て問題のある間取はどういうものか知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「注文住宅」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことで注文住宅のメリットとデメリット、住宅メーカーの探し方、風水的に見て良くない間取等を知ることができます。

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

1.注文住宅と建売住宅の比較

  • 注文住宅とは、建物を設計から行いゼロから作っていく住宅
  • 建売住宅とは、戸建分譲業者があらかじめ建物を完成させた状態で販売している住宅

注文住宅と建売住宅には、それぞれ以下のようなメリットとデメリットがあります。

 メリットデメリット
注文住宅間取を自由に設計できる。
建築部材を自分で選ぶことができる。
家づくりを楽しむことができる。
建売住宅より割高である。
間取に失敗してしまう可能性がある。
追加工事が発生する場合がある。
建売住宅注文住宅より割安である。
価格が決まっており追加工事はない。
購入すればすぐに入居できる。
画一的で面白みがない。
建材を選ぶことができない。
こだわりを反映できない。

注文住宅の特徴とメリット・デメリット

注文住宅は、ゼロから建物を作るため、基本的に間取りや建材等を自由に選ぶことができます。

自分の夢を形にして反映できるのが注文住宅の良いところです。

無垢材のフローリングや漆喰の壁等、こだわりを持って作ることもできます。

シックハウス症候群の人は、シックハウスになりにくい家を作ることも可能です。

また、注文住宅は、家づくりそのものが楽しいです。

家族みんなで夢を語り合い、それを形にしていく過程そのものが、かけがえのない思い出となります。

一方で、注文住宅は設計費もかかることや、建築部材も単品購入が多いことから、建売住宅と比べると、どうしても割高の傾向になります。

設計段階では気付かないことも多く、実際に完成したら住みにくい家となってしまうリスクもあります。

また、着工してからも、急に設計変更を行うような場合もあり、追加工事費用が発生することもあります。

コストコントロールが難しいというのが注文住宅のデメリットです。

建売住宅の特徴とメリット・デメリット

それに対し、建売住宅は、割安ですし、追加工事が発生することもありません。

既に完成しているため、購入したらすぐに住むことが可能です。

建売住宅は住宅メーカーの長年の蓄積から建てられているため、完成度は高く、大外れすることはありません。

ただし、隣近所と似たような家のため、画一的で面白みがないという点は否めません。

また建材等を選ぶことができないため、こだわりに住宅とすることはできません。

家を作るなら「やっぱり注文住宅」というこだわりの強い方は注文住宅がオススメです。

面倒臭い、失敗はしたくないという人であれば、建売住宅の方が良いでしょう。

以上、ここまで注文住宅と建売住宅の比較について見てきました。

注文住宅は建売住宅比べて高いというデメリットがあります。

このデメリットを抑えるには、最初から予算別にどのような家が建つのか把握することが重要です。

そこで次に予算別で住宅メーカーを探す方法についてご紹介します。

2.予算別で住宅メーカーを探す方法

予算別で住宅メーカーを探すには、「

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/
」が便利です。

HOME’Sでは、建物価格を以下の6つの予算別でカタログ請求をすることが可能です。

予算別カタログ請求のカテゴリ

  1. 1,000万円台
  2. 2,000万円~2,500万円未満
  3. 2,500万円~3,000万円未満
  4. 3,000万円~3,500万円未満
  5. 3,500万円~4,000万円未満
  6. 4,000万円以上

さらに、建築したい場所の所在を入れることで、土地の近くにある良い住宅メーカーを探すこともできます。

大手の住宅メーカーもありますが、デザインに定評のあるセンスの良い地元の工務店も選ぶことが可能です。

まずはカタログ請求を行い、自分の予算でどの程度の建物を建てることができるのか、把握をしてみましょう。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

以上、ここまで予算別で住宅メーカーを探すについて見てきました。

注文住宅ではゼロから間取を構築するため、ややもすると住みにくい家を作ってしまいがちです。

また、風水的に悪い家を作ってしまうことを気にする人もいらっしゃると思います。

そこで次に風水で見る良くない間取り5選について解説します。

3.風水で見る良くない間取り5選

玄関

風水的に玄関がきれいな家の人は、社会で上司や目上の人からの引き立てがあるとされています。

玄関は朝日が採光でき、夕日が当たらないことが理想です。

玄関の対角線上は「財位」と呼ばれ気が集まるエリアです。

玄関の対角線上に窓があると気が漏れるため、お金が貯まりません。

また玄関を開けるとすぐ目の前に階段がある構造も気の循環が悪くなります。

気の循環が悪くなると、漏財すると言われています。

玄関は面積の大小は問題ではありません。

最も大切なのは、清潔であるという点です。

間取りも重要ですが、普段の整理整頓も大切になります。

寝室

寝室は、ベッドの頭の位置に梁がないことや、ベッドの足元にテレビがないことが望まれます。

寝室の注意点は、廊下を挟んでドアとドア向かい合う構造は避けるべきです。

ドアとドアが向かい合っている構造だと、口論や家庭内不和が起きやすくなり、器量が狭い小人になるとされます。

また寝室のドアを開けると階段と向かい合う構造も避けるべきです。

下りの階段と向き合っていると、寝室内の気場のエネルギーが漏れ出します。

また寝室のドアの目の前に上りの階段があると気が寝室に入り込んできて衝突が発生します。

気が漏れ出したり、衝突したりする構造は不吉とされます。

ベッドの頭に窓がある構造も良くありません。

ベッドの頭に窓があると睡眠の質に影響します。

寝起きする人の気が散りやすくなり、漏財と呼ばれる無駄遣いや出費が増えるとされています。

このような場合、ベッドの方向を変えることをオススメします。

キッチン

キッチンは整理整頓が行き届いていれば、家の生活費は少なくて済み、浪費しなくなるとされています。

キッチンの入口がトイレやバスの入口と対面しているような間取りは良くありません。

トイレやバスはけがれた気が集まる場所であり、衛生上の問題もあります。

このような入口の配置は、住人が胃腸に関する病気になりやすいとされています。

またキッチンの入口の正面に冷蔵庫が配置されるような作りも良くありません。

キッチンに入る意識が冷蔵庫に向けられ、人間が無意識に冷たいものを意識する状態が刷り込まれてしまいます。

特に冷え性の女性の健康に影響があるとされています。

風水では家の中心を「太極」と呼んでいます。

太極は静かで安定し、明るいことが理想とされています。

そのため、家の中心にキッチンがあると、雑気が混じるため良くありません。

家の中心にキッチンがあると、食中毒症状が起こりやすいとされています。

また、コンロの後ろが窓になっている、またはコンロの横が窓になっているのも避けるべきです。

ガスコンロの場合、窓を開けると風が入ってくるため火が安定しません。

火という気の不安定性が作られる場所が室内にあることは、マイナスの風水効果を呼び、漏財になるとされます。

トイレ

トイレは清潔で整頓されていれば、心身ともに健康になるとされています。

玄関の上がトイレとなっている構造は臭門と呼ばれ避けるべき構造です。

トイレの排気の構造から臭気が入口に漂い玄関が臭くなります。

このような構造の家は、離婚や金銭トラブル、不慮の災いなどが起こりやすいとされています。

また、キッチンと同様にトイレも家の中心にあってはいけません。

家の中心である太極は気が集まる場所であるため清潔であることが基本です。

太極にトイレがあると、心臓疾患や血管の病、腹部等の病気になりやすいとされています。

さらに玄関を開けると目の前にトイレがあるような間取りも駄目です。

けがれた気が玄関を入ってきた人にぶつかり、住人に悪影響を及ぼすとされています。

浴室

浴室は男女の情欲と関係があると考えられています。

浴室が乾いて清潔であればきちんとした性道徳が身につくとされます。

浴室がいつも湿っていれば、愛人を作ったり浮気や不倫をしたりするようになるとされます。

特質も家の中心にあってはいけません。

家の中心である太極は、清潔であることが求められます。

太極の位置の浴室があると、住人が心臓疾患や血管に関係した病を患いやすくなります。

また浴室とトイレが向かい合う位置にダイニング(食堂)があってはいけません。

食堂とは人間がエネルギーを補うところです。

そのような場所にけがれた気が集まる場所が隣接するのが良くありません。

さらに玄関を開けて目の前が浴室という配置も避けるべきです。

湿度の高い空気が玄関に充満すると、家に帰る度に住人が不快な思いをします。

浴室は豪華過ぎず、粗末過ぎなければ、その家の子供たちは社会で歓迎されるようになるとされています。

ここまで風水で見る良くない間取り5選について見てきました。

風水を信じるかどうかは別として、風水で悪いとされている間取りは、①使いにくい、②危ない、③健康に悪いと思える間取りが多いです。

長い人類の歴史の中で経験則的に語り継がれてきたものが多いため、先人の知恵が詰まっているとも言えます。

間取りを決める上での一つの参考にして頂ければと思います。

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

4.まとめ

以上、注文住宅を建てるなら知っておきたい風水的に見て良くない間取5選!について見てきました。

注文住宅は、自分のこだわり家を作ることができるという最大のメリットがあります。

予算を抑えていくには、LIFULL HOME’Sの注文住宅カタログ一括請求の活用が有効です。

また、間取りで迷った場合には、風水も参考にしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

21,288view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,527view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,482view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.